Picks
46フォロー
4692フォロワー
月定額のマイカー賃貸サービス「カルモ」を展開するナイルが15億円を資金調達
TechCrunch Japan
高橋 飛翔ナイル株式会社 Nyle Inc. 代表取締役社長 おトクにマイカー 定額カルモくん
本日、トヨタ自動車などが出資する未来創生ファンドをリードインベスターとする総額15億円の資金調達を発表いたしました。 投資いただいた資金については、主として月額定額でマイカーを保有できる車のサブスクリプションサービス「マイカー賃貸カルモ」を中心に積極投資して参ります。 米国ではLyftが上場、Uberも上場を予定しており、自動車産業における有力なスタートアップがすでに大きな結果を出してきています。 一方の日本では、昨今のトヨタ自動車の取り組みなどもあり、業界への注目は高まっているものの、まだまだベンチャー企業のチャレンジが足りていないと感じます。 日本が世界に誇る自動車という産業において、次の10年においても光り輝く国であり続けられるよう、我々が積極果敢に挑戦し、新しいモビリティのあり方を作り上げていきます。 まずは、携帯電話代くらいの金額感でマイカーを持つことができるよう、中古車版カルモの立ち上げに邁進してまいります。 そしてその先の展開として、車のシェアリングや複数人共同での車保有サービスなどの多様なモビリティサービスを立ち上げていき、社会に根付く便利なサービスを構築していきます。 どうぞご期待ください。
157Picks
タダで車を持てる「0円マイカー」 カーシェア車両の管理が条件──DeNA・SOMPOが提供
Engadget 日本版
高橋 飛翔ナイル株式会社 Nyle Inc. 代表取締役社長 おトクにマイカー 定額カルモくん
きましたね。実は、無料で車を配って、カーシェアリング役務を提供してもらうというモデルは、私たちも検討してきたモデルです。 Anycaというシェアリングプラットフォームを持っているDeNAさんがやるというのはビジネス戦略として資本だけでは何ともならない大きな防壁を作れるので、Anycaの成長戦略として正解の一手だと思います。 一方で、カーシェア需要の強い都市部中心の「0円マイカー」を配っていくとのことですが、都市部は機械式駐車場が多く、自動車そのものの受け渡しはスマートキーでやれても、機械式駐車場についてはオーナーさんが開けてあげる必要あるという本末転倒な自体に陥りかねません。また、駐車場代がそもそも高いので、せっかく「0円マイカー」を手に入れても結構維持費がかかってしまうのではという懸念もあります。 こうした都市部の機械式駐車場へのカーシェア利用者のエントリーや以前高くつく維持費をどう解決していくのか。はたまた「0円」というインパクトがあれば機械駐車場の開閉くらいオーナーさんがやってくれるのか。 現在はカーシェアリングが立地しにくい地方部におけるカーシェアリングニーズを、将来どう深耕していくのかがこのビジネスモデルの課題となるはずです。 いずれにせよMaaS領域における未知のサービスであることは明らかで、当社としても興味津々。ワクワクします。 一緒にこの業界を盛り上げていけたら良いですね。
930Picks
NORMAL