Picks
538フォロー
29563フォロワー
【10分教養】少数民族を学べば「ウイグル問題」がもっとわかる
NewsPicks編集部
任 宜SmartNews Inc. 取締役CSO
物事をもっとマクロに見るとよく理解できるのですが、そもそも世界は現生人類(ホモ・サピエンス)がアフリカから世界に散らばる中で他の人類を滅ぼし、自らが色んな種族に分化していったという歴史があります。 そして長い時を経て、人類の歴史という尺度で見れば近年すごいスピードで離散から融和へと向かっているわけです。 それは他の方が書いたようにキングダムの時代(秦の始皇帝の時代)のようなやり方から、アメリカの南北戦争と奴隷解放、そしてここでイシューになっているような話まで。 そういう尺度で見ると、人類社会はすごいスピードでより「人道的」と呼ばれる方向に変わっているわけで、僕らの代では情報革命によってよりフラットな世界に変わり得るというところにいます。 物事を進めるのは常に前向きな姿勢とアイデアや技術の進歩だと思うので、批判という消極的な解決策ではなく、本質的な問題に対するソリューションをみんなで前向きに考えれるといいのになと思います。 そういう意味では、一帯一路でウイグルが中央アジアとつながりをもったり、そもそもインターネットを通じて漢民族どころか世界と繋がったりそこでお金を稼いだりできる時代なわけで、今までのスコープで問題解決をする事自体がもしかしたらもうあまり意味がないのではないでしょうか?
1040Picks
五輪観戦に陰性証明、1週間以内の取得条件…政府原案
読売新聞
NORMAL