Picks
311フォロー
4850フォロワー
ユナイテッドアローズ、21年3月期は最終損失70億円超 上場来初の赤字決算
FASHIONSNAP.COM【ファッションスナップ・ドットコム】
藤原 義昭株式会社ユナイテッドアローズ 執行役員 CDO
日本のアパレル産業の市場規模は12兆円あったものが9兆円になりおそらくコロナで7〜8兆円まで落ち込んでいる右肩下がり産業となってしまいました ファッション産業は消費者を置いていく事によって憧れを作り上げ需要を喚起してデベロッパーさんの出店に乗っかって大きくなって来ました。どこのショッピングセンターに行ってもファッションの無いSCは無いと思います。 また日本では小売業はデジタル化にとても遅れてしまっており現在それを一生懸命取り戻そうとしています。小売業のデジタル化は大きく分けて二つあり一つはバリューチェーンのデジタル化(特に企画〜製造〜物流)による生産効率とデリバリー精度の向上。もう一つは顧客とのコミュニケーションのデジタル化(EC、マーケティングなど)による単純接触頻度の向上による顧客関係の強化です。物が売れるというのは一足飛びではなくこの結果お買い上げいただくという事になります。 このできていない一つの理由はバリューチェーンがバラバラでどこからデジタルに手をつけたら良いのか分からずまたそれをやって来ませんでした。さらにアパレルはコロナでEC化率が高まったもののまだ手を付けていない事が山のようにあります。 当社に限ったことで無く色々な同業の方と話をしていても感じる事です。そしてリアル出自産業でありいまだアパレルにはデジタルの専門家が入って来ていないため自力で手探りでやっていかないといけない為スピードが乗って来ません。 当社については現在デジタル化を急務として進めておりますが、実はこのデジタル化というのはお金さえあれば時間を買う事ができてしまうことでもあります。なのでデジタル企業はベンチャーから資金調達経て垂直立ち上げが可能あるとも言えます。 しかしながら時間で買えない唯一の物はお客様の信頼でありそれを自然に獲得できる顧客への振る舞いができる企業文化です。これを実は気づいていない人が沢山います。(なぜなら自然にできてしまうので) 認知獲得だけで有ればお金で買うことが出来ますが顧客との信頼はお金で時間が買えないのでこの信頼は唯一最大の武器であるとともに競業優位の源泉です。なのでデジタル企業中心にCXの重要性が叫ばれているのはこのためです。 今は社員一眼で頑張るしかないのですがお客様第一というのは皆忘れていないので絶対に復活します。
87Picks
NORMAL