Picks
116フォロー
1649フォロワー
【グッドパッチ 社長】離職率40%、組織崩壊の原因と改革
NewsPicks編集部
土屋 尚史Goodpatch Inc. CEO & Founder
グッドパッチのストーリーを語る上でこの組織崩壊のエピソードは外せません。 2016年、社員数100人を突破したタイミングで起きた組織崩壊。今振り返っても本当に苦しい2年半でした。 多くの社員から経営陣、社長である僕が信頼されてないというのを常に感じ、毎月3、4人が退職していきました。決して、創業から僕の人格が変わった訳ではなく、急激に成長する組織をマネジメントする準備と力がなかった事が要因です。 この記事に書いてある以外にも組織崩壊を解決するために沢山の取り組みをやってきました。 いつも組織崩壊を克服した一番の要因は何ですか?質問されますが、何か一つというのはなく、色んな取り組みを諦めずにやり続けた事にあると思います。何か一つだけやれば良かった事はないです。 そして、沢山の社員が辞めていく中でも、歯を食いしばって残ると決めてくれた社員も多くいました。彼らは戦友ですし、組織崩壊を乗り越えて強くなり本当に成長しました。 この2年半の戦いを去年ブログに書き記しました。 https://note.com/naofumit/n/n028df2984256 この記事をキッカケにグッドパッチの事を知ってくれた人も多いと思います。失敗をオープンにする事は確かに怖い面もありましたが、組織崩壊は多くの組織で起こり得る事で、このブログを公開した後にもらった多くのメッセージは自分達も同じ経験をして来たのでとても勇気をもらったというメッセージでした。 振り返っても、とても辛い経験でもありましたが、やはり経営者としての自分を強くしてくれた掛け替えの無い経験でした。
369Picks
【グッドパッチ 社長】家族との時間を犠牲にしない働き方
NewsPicks編集部
土屋 尚史Goodpatch Inc. CEO & Founder
今から5年前、まだグッドパッチが50人くらいだった時に書いたブログがまだユーザー数も今ほどではなかったNewsPicksで700Pick以上されバズりました。 それがこのブログです。 「家族のいる起業家の働き方」 https://likeasiliconvalley.tumblr.com/post/122075041153 当時はまだ同世代や年下の独身の起業家達が自分の起きてる時間を全て仕事に注ぎ込み、夜遅くまで起業家仲間と仕事について飲みながら語りあってる光景がSNSに流れてきて羨ましいと思うこともありました。自分も独身なら間違いなくそうしてたので。 しかし、この記事に書いてある通り、僕は起業してからの忙しい時期も家族の時間を優先して家に帰り、睡眠時間を削り夜仕事をする毎日でした。 そのお陰でグッドパッチは初期からあまり残業しない文化ができあがり、家族との時間を大切にする、それも同僚が互いに理解し合う文化ができました。 今のグッドパッチの文化は間違いなく、起業時に僕に家族(幼い子供)がいたからで、家族がいなかったら超ブラックな会社になっていたかもしれませんw でも、仕事も家族も犠牲にせずに成功してやると決めて上場まで行けた事は他の起業家達に新たな選択肢を提示できたと思っています。 これからの時代は仕事で成功するには家族を犠牲にするなんて価値観は逆になくなっていくと思いますね。僕の同世代の起業家もこの5年でかなり結婚して子供も産まれてますが、家族を犠牲にしてる奴なんてあんまり見ません。みんな良いパパママをやってます
248Picks
【グッドパッチ 社長】DeNA南場さんの言葉でシリコンバレーへ
NewsPicks編集部
土屋 尚史Goodpatch Inc. CEO & Founder
今からちょうど10年前に聞いたDeNA南場さんの話。 これから起業する君達は日本人だけでベンチャーを作ってはダメ。 多国籍軍を作りなさい! この言葉を聞いてシリコンバレーに行く事を決めたと色んな所で話をしていますが、当時、他にも参加したイベントで孫太蔵さんがYahooのジェリーヤンとデビットファイロに出会いヤフージャパンを立ち上げた話や、別のイベントでDCM(現WiL)の伊佐山元さんとRockyou(その後メルカリ創業者)の石塚さんが「世界を変えたいのか?中小企業を作りたいのか?」という話をされていて、行くイベントのほとんどでシリコンバレーの話を聞き、これは絶対に行かねばと決意しました。 -シリコンバレーに知り合いは1人もいない -英語も喋れない -27歳まで日本を出た事がない -嫁さんと生まれたばかりの娘がいる こんな行く条件が一つと揃ってない状況でも 僕は「ここでシリコンバレーに行けなかったら僕の人生はない」と強烈に思い込んでしまっていました。 そして、この時に立ち上げたブログにシリコンバレーまでの道を書き記していきました。 http://likeasiliconvalley.blogspot.com/2010/12/blog-post.html?m=1 このブログを立ち上げたのが2010年12月16日 もうすぐ10年が経ちます。 この時の「今行かねば」という直感的な行動がその後の震災の前日に日本を発つという奇跡に繋がり、その後のサンフランシスコでの縁にも繋がっていきました。 いかに自分の直感に従って行動する事が大事かというのがわかるエピソードです。 ただ、一番凄いのが奥さんです。8ヶ月の乳飲み子を連れて一緒にサンフランシスコに着いて来てくれたのですから。本当に無茶苦茶な父親です。 そんな娘も今は10歳、小学校4年生です。仲良くやってますw
187Picks
NORMAL