Picks
1473フォロー
290371フォロワー
iPhoneにも半導体不足の波 Apple、7~9月の成長減速
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
シェアリングのトラブル、損保ジャパンが和解仲介
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2Picks
個人追跡広告に見直し機運 サッポロビール、予算7割減
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2020年のイメージセンサ市場は前年比7.3%増の207億ドル、シェアトップはソニー
株式会社マイナビ
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
花王がESG経営の中心に「生活者」を据えた狙い
ニュースイッチ
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3Picks
パナソニック新社長が「過去」を研究し続ける真意
東洋経済オンライン
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
B2B Payment Platform Nium Valued Above $1B In $200M Funding 
Crunchbase News
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1Pick
UberからZOZOまで。世界の「検索」を支えるテック企業を知っているか
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
203Picks
自動運転タクシーは、技術革新だけで幻滅期を抜け出せるのか?
Coral Capital
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
経済規模や台数を考えたときに、ロボタクシーが普及することはあっても、ロボタクシーが自動運転を先導することはない。 考えてみてほしいのだが、世の中の自動車の台数のどれくらいがタクシーだろうか?またタクシーは一般車に比べたら走行距離は長いが、それでも都市部が中心だし、世界の自動車の総走行距離のなかでの割合はそこまで高くないと思う(検証したことないし、データなさそうなので、やるとしたらフェルミ推定的な方法しかないが…)。 そのなかで研究開発での投資規模や、また実装した時の台数規模によるコストダウンを考えると、自動車メーカーや自動運転専業がやらないと賄えない。だから当然の帰結としてUberはAuroraに、Lyftはトヨタに自動運転部門を売却した。 一方、配車サービスではギグワーカー規制が強化の一方。だから、自動運転が普及すれば、その事業の不確実性を減らす観点でも、喜んで自動運転車に投資をしていくだろう。 その段階では、今はプラットフォーム型・変動費型の事業だが、自社投資の固定費型の事業になっていく。ただ、これは既存のタクシー事業者やギグワーカーから機械・資本への付加価値移転になるので、そこで再度現在のギグワーカー規制への反対のように、色々な規制論争が様々な思惑も含めて出てくるのではないかと思う。 自動運転トラックについても同様。自動運転の技術的な側面だけでなく、トラック輸送自体が巨大な産業で雇用も多い。より現実論として近づいてきたときには、トラックの業界団体と様々な論点が出てくるのではないかと思う。
38Picks
NORMAL