Picks
1464フォロー
290476フォロワー
自民党 半導体産業強化で議連連盟設立へ
NHKニュース
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
160Picks
【2030年FCV.BEV200万台】トヨタの電動化戦略って実際遅れているんですか?
note(ノート)
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
「空飛ぶクルマ」発着場を開発する英企業が描く未来図
ニュースイッチ
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
ソロス氏のファンド、アルケゴス関連銘柄買い入れていた-1~3月期
Bloomberg.com
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2Picks
【最先端】東大発ベンチャーが仕掛ける「衛星画像」のサブスク
NewsPicks編集部
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
348Picks
インド “駐在員帰国” 約8割の日系企業に 急激な感染拡大続き
NHKニュース
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
東急の MaaS「DENTO」、実証結果会員登録の6割がサービス未利用
レスポンス
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
消費者物価「市場予想超え」4.2%上昇でも、アメリカは金融政策「正常化」に動かないと言える理由
Business Insider Japan
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
中古車と雇用について。 中古車について、原文のスライド8に寄与度含めてある(①)。全体の構成比では2.76%だが、それが季節調整済みで+10%(非季節調整で前年比+21%)。なお前年がコロナ真っ只中なので異常値がないか見てみたが、季節調整済みで-0.5%なのでそういうわけでもない。 ②でコメントしたが、中古車は資産。中古車価格が上がると新車購入のキャッシュアウトが減る。ただ、今は中古車価格上がっても新車が半導体問題で買いにくい。新車が買いにくいから中古に出回る車も減って、需給がタイトになってこの状況になっているのだと思う。逆に半導体が確保できて新車が増えていくと、中古価格も落ち着くのではないだろうか。 ①https://www.bls.gov/news.release/pdf/cpi.pdf ②https://newspicks.com/news/5788834 雇用については、記事グラフが分かりやすい。過去とは違う失われ方と回復の仕方。でも依然大きく失われているし、また雇用がないのではなくミスマッチも起こっている(③)。コロナ対策での失業給付が終了していく(④)。給付がなくなり働き始めたり、一方で実質の手取りが減って消費が減るなど、どういう影響が出ていくか注視。 ③https://newspicks.com/news/5838707 ④https://newspicks.com/news/5846682
73Picks
日銀の経営改善支援策、地銀8割「申請済み・検討」
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
ポイントは、付利よりも経費削減の寄与が大きいことだと思う。 昨年12月のリリースのポイントが①、またそれ以外の資料も②にある。③は現在の業態別の日銀当座預金残高で3/15~4/15の平均残高は地銀73.2兆円、第二地銀11.6兆円(なお都市銀行は対象ではないが、規模感としては186.9兆円と地銀・第二地銀を合計して2倍にしたくらい)。例えばそこ全てに0.1%の付利がつくと、ざっくり年間848億円(今当座預金はプラス金利・ゼロ金利・マイナス金利適用の3層構造になっているが全部に+0.1%付利と仮定)。 ④の全銀の業態別資料をみると、2019年度実績で業務粗利益-経費=実質損益(経費率)を書いていくと、下記のようになる。 地銀:業務粗利益3兆3517億円-経費2兆2940億円=実質損益1兆0577億円(経費率68.4%) 第二地銀:業務粗利益7875億円-経費6097億円=実質損益1619億円(経費率77.4%) 経費率について、2020年度1%、2021年度3%、2022年度4%改善が条件なので、業務粗利益・当座預金が変わらないとして、2022年度だと経費削減の効果が地銀では1341億円、第二地銀では315億円。それに対して付利は地銀で732億円、第二地銀では116億円。 制度設計としては経営体力が弱い第二地銀より地銀のほうが付利が大きく、経費率以外のOR条件として経営統合等による経営基盤の強化を図るというのもある。付利のために統合が起こるとはあまり考えにくいが、経営体力をつけたり第二地銀の経営体力が改善して、そのうえで経営体力があるところに集約を進めさせていく制度設計意図があるように思う。 ①https://www.boj.or.jp/announcements/release_2020/rel201225f.pdf ②https://www.boj.or.jp/finsys/rfs/index.htm/ ③https://www.boj.or.jp/statistics/boj/other/cabs/index.htm/ ④https://www.zenginkyo.or.jp/fileadmin/res/abstract/stats/year2_02/account2019_terminal/trend.pdf
46Picks
JR東日本、中学生向け「キャッシュレス決済」教育プログラム実施へ
マイナビニュース
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
140Picks
米FTC委員、セブンの米コンビニ買収「違法」 独占懸念
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3Picks
NewsPicks カイゼン報告 2021.05.15
NPコミュニティチーム
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
NORMAL