Picks
1437フォロー
290651フォロワー
【長期投資】プロが見ている「強い企業」3つのポイント
NewsPicks編集部
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
ついに本丸の「構造的に強靭な企業」の説明! 根源的な欲求という普遍性にどれだけ強く訴求できるか。流行り廃りではないもの、記事だとDisneyが良い例だと思うが、の見極め。 近年、企業・事業経営でも投資でも難しいのが、テクノロジーの影響が増す中での「長期潮流」との付き合い方だと思う。 長期潮流を正確に判断することは、長期で障壁を構築・深化させるための前提。ただ、目に見える世界では、流行り廃りもあり、また長期潮流ではあるが早すぎた・遅すぎたというのは、ハイプサイクルからも分かる人間の間違い方。そしてユーザーは競合含めて比較・利用し、競争の影響もある。これらから見える結果についても、見方は人それぞれだから、自社にとって適切な長期潮流やその時間軸を見極めて確信をもって信じて執行し続けることはとてつもなく難しい。 そして、年・四半期での業績も「見える化」される。経営としてリスクテイクをし続けることが、勝ち抜くために必要だと分かっている。けれどダイナミックに環境が動く中で、長期の確信をどれだけ信じてリスクテイクし続けられるか(一方で盲目的にならないように健全な懐疑心・ガバナンスも必要)、その途中でおこる変化や新しくわかったことにもフレキシブルに対応できる組織能力が求められ、矛盾する無理難題が山積する。 投資でも同様で、Salesforceなどは「良い会社だがずっと高い」といわれて、これまでずっと成長している。企業を買うという点では買っているべきなのだが、長期潮流だけでなくバリュエーションをどう考えるか。特にテクノロジー系は、技術自体が変わることでトッププレイヤーが変わるし、そこへの期待値も大きい。全体としては明確な長期潮流だが、例えばMicrosoftをITバブルが崩れていく中やモバイルシフトに失敗した時でも持ち続けることが正なのか(その後もEPSは伸び続け、またど真ん中の企業でありながらエンタプライズ・クラウドシフトでITバブルのピーク株価を優に超えている数少ない企業でもある)。 テクノロジーだけではない、自社がこれまで蓄積してきた業界の知見の掛け算が必要な領域で、先行できる・真似しにくい・付加価値が高い、そういう構造を創れるか。 とても難しいからこそ、その構造を創れて、付加価値が高い産業で、高い参入障壁があり、長期潮流にのっている企業は企業価値で複利構造となる。
1900Picks
EV用バッテリーの覇権争いが始まった
月刊誌「Wedge」のウェブ版
アンモニアが“燃料”になる?!(前編)~身近だけど実は知らないアンモニアの利用先
経済産業省 資源エネルギー庁
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
サークルK親会社、仏カルフールの買収交渉打ち切り
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
アップル、折り畳み式ディスプレーiPhone開発で初期段階-関係者
Bloomberg.com
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
101Picks
【徹底分析】中国バイトダンスの最大競合「快手」、目論見書から見る収益モデルと事業展望(一)
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
4Picks
「植物肉」がコロナ禍で普及モードに突入の意外
東洋経済オンライン
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
闇市化するAmazon「裏コマンド検索」で絞り込む
ラジオライフ.com
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2163Picks
PV至上主義は悪なのか
note(ノート)
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
データを元に、とても面白い! ①プラットフォームの存在とアベイラビリティ 『実際にはWebメディア名を意識しないまま記事を読んでいる読者も多いので、エンゲージメントの値とその差はより小さくなります。』 これはマスにおいて、Yahooやスマニューなどプラットフォームで見出しがあり、そこから気になるかで選択がされるからだと思う。つまり、プラットフォームでのアベイラビリティが重要。PV追求という点では、多くの記事を出しどこかでプラットフォームに引っかかればという点で、短期的には記事数がワークすることもあるのだと思う。 ②ヘビー読者の存在とプリファレンス 『リーチを増やすことでヘビー読者が増加するのです。』 グラフを見てもヘビー読者数とリーチは近似線の近傍にいるように見える。ただこの結果は、そもそもプリファレンスを持たずにメディア消費が多い人も含んでいると思う。ヘビーユーザーのなかで、様々なメディアからそこを選好して読むユーザーがどれだけいるか。プレファレンスと認知をどうやって分けていくか(記事の調査設計がどうされたのかが分からないので論点としてだけ)。 ③無料と有料の違い Webでの多くのメディアは無料・広告モデル。プレファレンス・認知のなかでも「文春、スクープ面白いよね!」なのか「スクープあるから文春を買おう」ではハードルが全く違う。情報量が増えた今、新聞・雑誌など有料メディアが業界として厳しい背景。 有料記事に頻度高く遭遇してお金を払ってでも見たいという閾値を超え、有料化するほどにプレファレンスか必要性(機能材的効用、経済メディアはこっちだと思う)を育てられるか。 ④消費財に近くなってきている シャンプーなど消費財は、最寄りの店舗で新製品や値段などから購買される「最寄り品」、でも厳密な購買理由があるわけではない。「その財が必要だから買う」層がいて、リーチとアベイラビリティという観点で、テレビ広告・配荷(店舗にしっかり届けて棚にある状態)・POPなどを組み合わせる。無料メディアとプラットフォームの関係に近い。 ただ、そのなかでもブランドにこだわる固定客がいる。これは有料メディアに近く「その製品・ブランドを意思を持って買う」層。そしてそれが多いと、ブランドとして長続きするし、広告などの認知が累積的に効き、効率が高くなる。買うまでのプレファレンスを育てられるか。
155Picks
欧米車大手2社、合併が完了 世界4位「ステランティス」発足
共同通信
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
138Picks
NORMAL