新着Pick

特集:日本の研究力

【図解】日本の研究力が落ちた「本当の理由」
NewsPicks編集部
矢野 和男日立製作所 フェロー
わかりやすいまとめですが、論文の仕組みに馴染みのない人のために、いくつか追加でコメントします(ちなみに私は論文の被引用数は2500件以上ありますので、それなりに論文の世界と関わってきた人間です)。  まず論文になるような成果は実は大したことはない場合が多いということです。科学の歴史を見ればすぐにわかりますが、画期的な論文は投稿しても採録されないことの方が多いのです。  というのも、論文はピアレビューという、その分野の仲間による評価によって採否が決まります。実は、画期的な結果は、分野を超えたり、分野の枠を越える場合が普通なので(だから画期的なわけです)、ピアレビューの査読者は適切な評価ができません。だから通常採録されません。採録されるのは、既に分野が出来ていて、その主流の人たちに仲間と認められるような、その分野でお行儀良く、すこしだけ、既存の内容に加えたものは通りやすいのです。すなわち、平凡で大した中身はないが、汗を掻いた論文が採択されるわけです。  従って、論文数は、まさに、その既存の学問分野で、既存の人たちと仲良くしていて、その学問分野の常識を身につけた人かどうかを示しているものです。決して画期的な研究結果かどうかを表しているものではありません。引用数も同様です。もちろん、基礎学問の人材は、国の資産として一定数必要なので、その指標として論文数は意味があります。  ただ、ここで日本が迷っているのは、社会や産業界が求めているのが、学会という閉じて狭い世界でうまく立ち回った人の数ではないということです。だから、単に論文の数は意味ないのではないかという議論になります。このような議論が、研究予算配分にも影響を与えていると思います。  本当は、論文のテーマや内容の多様性を評価すべきと思います。既存分野をはみ出すテーマに果敢に挑戦する論文が評価されるようにならなければならないわけです。ピアレビューがそのようになっていないことを壊す必要があります。ピアレビューを通った論文が検証された価値のある論文であるかの如く扱っている論調がありますが、こういう勘違いを修正する必要があります。
875Picks
【直撃】サカナクションが示した、音楽ビジネス「第3の道」
NewsPicks編集部
篠田 尚子楽天証券経済研究所 ファンドアナリスト
長年サカナクションの大ファンで、今回のオンラインライブは2日ともチケットを購入し鑑賞しました。 様々な意見はあるでしょうが、個人的には大満足でした。元々サカナクションは映像を交えた演出が素晴らしいですが、今回もオンラインならではの演出がふんだんに盛り込まれて、終始「次は何があるのだろう?」とワクワクできました。オンデマンドでライブ配信後に何度も繰り返し見ることができたのも良かった。ライブ後には通常のライブと同様、グッズ販売もあり、なんというか、ライブに行けないストレスを少し発散できた気がしました。 ちなみに、投げ銭方式の別のアーティストのオンラインライブにも参加しましたが、仕組み(UI?)が分かりにくくて苦戦しました…苦笑 マネタイズを目的とするなら、やはり事前決済で一律の価格設定が分かりやすいかなとは思います。 ともあれ、一音楽ファンとしては、できるところからやっていただけたらそれで良いです。記事にもある通り、日本の音楽シーンがオンライン配信で出遅れていたのは事実。だったらこれから少しずつでも進めていけば、本当に新しい形ができるはず。今後の展開が楽しみです。
1084Picks
【完全図解】大統領候補も注目 「あつ森」現象のすべて
NewsPicks編集部
野村 高文NewsPicksエディター/音声事業 プロデューサー
本日より6日間、エンタメ業界を中心に、コロナ後の「人が集まる場」としてのバーチャル空間を読み解く特集を掲載します。 初日はゲーム「あつまれ どうぶつの森」。任天堂の業績を大幅に押し上げるだけではなく、米大統領選挙にも利用されるほど社会現象化している「あつ森」に今起きていることを、スライド形式で解説します。 構成にあたっては、長年ゲーム業界を見てきたゲームライターの方、実況配信を行うYouTuberの方に加え、実際にプレイしている方々の声を10人以上集めました。 そこで見えてきたのは、「あつ森はもはや単なるゲームではなく、SNSのようなコミュニケーションツールであり、島や家を作り変えることを通じた自己表現手段」であること。 友人と一緒に何らかのミッションをクリアすることで、ZOOM飲みよりもさらにリッチなコミュニケーションが取れますし、自分の家や島を見てもらうことで、自分なりのセンスを友人に示すことができる。 ゲームの序盤では、「たぬきち」というガイド役のキャラクターが次のタスクを教えてくれますが、ストーリーが進むと、「僕がアドバイスできることは、何も思いつかないんだも。自由な暮らしを楽しんでちょうだい」と突き放されます。そこからプレーヤーは一人ひとりの内発的動機に基づいて、島を作り変えたり、家の内装を整えたりします。 まるでタスクとゴールが決まっている「子供時代」が終わり、自由と責任が手に入る「大人時代」になったかのような印象を受けます(深読みしすぎでしょうか笑) 10人いれば10通りの遊び方があるのが、あつ森のヒットの理由かもしれません。ぜひコメント欄で、皆さんなりの遊び方を教えていただけると嬉しいです。
1276Picks
【解説】ユニクロ世界一への、越えるべき「3つの壁」
NewsPicks編集部
松下 久美ファッションビジネスジャーナリスト
「ユニクロ」を擁するファーストリテイリングは、「ZARA」を擁するINDITEXを抜き去り世界ナンバーワンのアパレル小売業になれるか?その可能性はかなり高いと言えます。INDITEXは202カ国・地域で販売していますが、ファストリは25カ国・地域に留まっており、成長余力もあります。 コロナ禍のニューノーマルの時代においては、なおさらその思いが強まりました。気軽に着られてケアもラクチンで十分な品質を備えた、何気にスタイリッシュな「ユニクロ」の服は、ますます人々の生活に寄り添い、選ばれる服になっていくでしょう。 ちなみに、単独ブランドとしては、「ZARA」の2兆4063億円(ZARA HOMEを含む)に比べて、「ユニクロ」は1兆8989億円(ともに2019年度)と売上げは8掛けですが、その商品単価からすると、すでに「世界で一番買われているブランド」だといえるでしょう。 ただし、スペインのア・コルーニャにあるINDITEXの本社の仮想店舗やデータセンター、撮影スタジオ、サッカー場ぐらい大きな素材の備蓄倉庫、マドリッドの物流センターなどを取材し、服を企画・生産・物流・販売するところまで、極力摩擦が少なく流れるように設計されたビジネスプラットフォームに比べると、ユニクロ(ファストリ)のデジタル変革やサプライチェーン改革は途上にあるといえます。 そこで、DXと、真のグローバル経営体制の確立、そして、ソーシャル化・サステナビリティの追求を、世界一になるための3つの課題(壁)としてみました。みなさんのご意見もぜひお聞かせくださいませ。
452Picks
新着ニュース
ラグビーの福岡「感動を再認識」 金星1年、静岡に逆転トライ像
共同通信
キオクシアHD、上場延期へ 米国のファーウェイ制裁に懸念
共同通信
コロナ専門医を学校に派遣 文科省、21年度から
共同通信
米大統領、最高裁判事に保守派バレット氏指名=選挙前に支持層引き締め
時事通信社
お登紀さん、中村哲さんの志継ぐ 「大切な時計、止めない」と決意
共同通信
飛び込み、14歳玉井陸斗が2冠 日本選手権最終日
共同通信
三重大病院、複数の医師が退職届 不正請求問題、手術に影響の恐れ
共同通信
キオクシア、来月上場を中止
時事通信社
人口半減も経済は世界4位維持 80年後、諸外国も少子高齢化
共同通信
キオクシアHD、上場延期へ
共同通信
交通安全運動にスーパーカー 栃木でパレード
共同通信
美人の湯に巨大な「竜」 和歌山・田辺の温泉郷
共同通信
羽田新ルート、是非今なお 運用半年、コロナで運航減
共同通信
ユニデンHD創業者が退任へ=不正会計処理にめど
時事通信社
米大統領選後に政治広告停止=結果めぐる混乱回避―グーグル
時事通信社
コロナ新規感染、再び7000人台=高齢者に外出自粛要請―ロシア
時事通信社
コロナワクチン、年産10億回分に=中国
時事通信社
HIS、通期赤字318億円=上場後初、新型コロナ響く
時事通信社