新着Pick

特集:新素材の世界

【秘録】写真と化粧品をつなぐ、富士フイルムのすごいコラーゲン
NewsPicks編集部
井上 友博化学メーカー 研究員
ついにFUJIFILMがオリジナル記事に。書きたいことがありすぎて文字数が足りません。わたくし銀塩写真を未だに撮ってまして、FUJIFILMのリバーサルフィルム「PROVIA」「VELVIA」のユーザーです。同社には愛着がとてもあります。 フィルムという主要事業が低迷しつつある恐怖に打ち勝ち、技術を棚卸しして鮮やかに業態転換してみせた手腕は実にお見事。要素技術を見直すだけならどこでもできますが、それを組み合わせて新事業を提案できる人がいたこと、さらにその新しい仕事を情熱を持って推進できる人がいたこと、なども素晴らしいと思います。 何年も前ですが、学会でFUJIの研究者から話を聞いたことがあります。曰く、FUJIFILMの取り組みは「倒木更新」であると。 倒木更新とは、倒れた古木を礎にして、新たな世代の木が育つ現象のことです。同社の足跡を見てみるとまさにその通り。 今後、バイオの世界でも、驚くような製品を出してくれることを期待しています。 (余談) CMYの三層の感光層の写真が出てるので面白い話をひとつ。 これ、ベースとなるフィルムの上にCMYが順番に塗布されているのですが、Cを塗って乾かして次にYを塗って乾かして...なんてことはしていません。3層を液体のまま同時に塗布しています。そんなことしたら液体同士が混ざるのではと思われるかもしれませんが、流速と粘度を完璧にコントロールすると液体のまま3層を重ねる一発塗りが可能になるのです。(しかも実際は、機能層を含む20層もの同時多層塗り)さらに、当然ですが光が当たると感光してしまいますので、塗布作業は暗闇で行われます。(感光しない赤ライトを少し使うので、完全な暗闇ではないらしいですが)目隠ししてこの精密塗布、恐るべき技術です。 ★こちらにCGによる説明があります。ページ真ん中くらい。 https://fujifilm.jp/business/cdmo/factory/magazine/03/ (余談Ⅱ) Newspicksの中の人はご存知だと思いますが、トライセブン六本木ビルのお隣、東京ミッドタウン内にFUJIFILM SQUARE があります。写真そのものの歴史、FUJIのカメラ技術の変遷、最新のカメラにアスタリフト化粧品まで、色々展示されていて勉強になります。是非一度覗いてみてください。 たまに僕もいますよ。
480Picks
【実録】極寒・フィンランドの小都市に、一人で拠点を立ち上げた男
NewsPicks編集部
湯浅 大輝NewsPicks 記者/writer
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
287Picks