新着Pick
464Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
くっ、悔しい。
この「ジャラ」とかいうやつ、こじらせてる人間の好みを把握してやがる。

任天堂も2014年12月、スマブラと一緒に「amiibo」を出しました。
http://www.nintendo.co.jp/amiibo/

近年はアニメ、ゲーム関連でIP戦略が着々と進行している。
従来リアルグッズと関連性が強いのはアニメだったが、
ゲームの方もリリース当初からこういう動きが目立ってきましたね。
レベルファイブが「スナックワールド」を成功させる事ができれば偉業だと思う。他も含めてこの辺りの企業は「一発屋」と言われ事が多いので、戦略的に計画通り事業を成功させられる企業となれば頭ひとつもふたつも出た存在になると思う。
レベルファイブの真価はここなんだよな。究極のクロスメディア戦略。妖怪ウォッチの成功要因はここにある。
"「マンガ、スマホ、アニメ、映画」と“面”を抑え、「レア、コラボ、ブラインド販売」で巧みなマネタイズ戦略を描く。期待値は妖怪ウォッチ以上と言えそうだ"
それはそうと、グリー田中さん、これは言ってしまったらアカンやつじゃないのか…。社員のモチベーションに与えるインパクトたるや。
"僕が人生で2度とやりたくないことランキング1位が「起業」(笑)。こんなつらいことは2度としたくないと思っている"
笠原さんプロデュースの「みてね」はとても良いです!もう家族全員で愛用しています。
レベルファイブのスナックワールドはヤバイ。これは子供対象なんだろうけど、ソシャゲにも応用できそうな感じ。とくにハードとソフトの融和性が現状考えられる中ではベストだろう。
すべてに共通して言えるのは、ネットとリアルの融合。今までは主にネット上で完結していたビジネスが、リアル社会に浸透してきている。この流れはウェアラブルやIoTに後押しされて、今後加速していくと思う。
ゲームの次に行くところも多い中、まだまだゲームの進化も続いてくね。
次の展開は、ユーザー自身がシナリオを作れる機能だな。
レベルファイブの本命はレイトン7でしょう。
グラフィック、レイアウトなど見た目だけでも惹きつけるものがある。
スナックワールドの初期投資の規模はどれぐらいなのだろう。。
レベルファイブ、相変わらず、本当すごい…。玩具のIoT、ゲームと融合、という未来が一気に見えた気がしました。
株式会社ミクシィは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス (SNS) であるmixiを運営する企業である。 ウィキペディア
時価総額
2,098 億円

業績

グリー株式会社(英語: GREE, Inc.)は、日本のインターネット企業である。ソーシャル・ネットワーキング・サービス (SNS) の「GREE」を運営し、事業の中核としている。 ウィキペディア
時価総額
1,342 億円

業績