新着Pick
361Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本においてソーシャルゲーム運営会社が果たした最大の功績は、金融、コンサル、商社といったエスタブリッシュメント側にいた若手を新興産業に移動させたことだと思っています。留まらなかった人達も自分で会社を起こしたり、ネット系スタートアップに移ることで新陳代謝はかなり進んだ気がします。
リーマンショック前の転出先はほとんどが金融でしたからね。
確かに特にCFOは女性が活躍しているイメージが大きい。日本ではまだ事例が少ないですが、ドワンゴ の小松百合弥さん(野村、クレディスイス)やピッカーとしても活躍頂いている東京糸井重里事務所の篠田真貴子さん(日本長期信用銀行、マッキンゼー)も金融出身の女性 CFOとして活躍されていますね。
「CFOに限っては女性が務めるテクノロジー企業は結構ある。マイクロソフトのエイミー・フッドCFO、シスコ・システムズのケリー・クレーマーCFO、オラクルのサフラ・キャッツCFOらだ」
ちなみに篠田真貴子さんのフォローはこちらから。(すいません。まだ PCからしかピッカーページには辿りつけず。もうすぐスマホからも辿りつけるようになります。)
https://newspicks.com/user/204576/
職の流動性が高まり、必要な、有能な人材に適切な役割と報酬を提示できる環境が整えば、異業種間、会社間での知見移動の頻度と濃度が高まり、人と知見を最も求める成長企業、成長産業にもっと多くの人材が集まっていくとも言える。
むろん、職の不安定化は政策面などの打ち手で手当する必要があるが、しかし見せかけの安定を無理に保とうとするあまり、人材が停滞し、成長可能性すら奪われるのは、好ましいことではないはず。
TEDのスピーチで、優秀な中間管理職の女性は数多くいるのに、そこから一歩抜け出して経営幹部となる女性が少ない理由について、興味深いものがあった。
出世のための3つの条件は、①自分の能力、②相手の能力を引き出すマネジメント力、そして、③自社を取り巻く競争環境を見据えたうえでの戦略的思考。
そして、経営幹部と中間管理職を分けるのは、実は、この3つ目の能力とのこと。
そして、それにもかかわらず、女性でこの3つ目の能力に自覚的である人は非常に少ないとのこと。
この原因についての調査によると、男性は、女性に比して、この3つ目の能力について、明確に指導を受ける機会が多く、それに比べて、女性は、1又は2の能力を示唆されるに留まるケースが多いという。
「ガラスの天井」を突き抜ける鍵は、ここらへんにあるのかなと、興味深く聴いた。
「グーグルに移るポラットには、7000万ドル強の報酬が支払われるという」。何と80億円だ!?シリコンバレーのウォール街化が始まっている。全く文化が違うのにね。カネが能力を惹きつける典型だ。
報酬ベースで語られるのがアメリカらしい。(もちろんひとつの大きな指標)。女性はCFOに多いのでしょうか。またシリコンバレーからの要請が多いのは、IPOにあたCFOは経験値と知識を要する分野だから性別にかかわらず重宝されている気がする。興味深い。いづれにせよ、日本は海外に比べて女性が指導的役割に少ないことから女性活躍後進国扱い。一方、女性活躍分野の国際会議にいくと、欧米諸国でも女性活躍の課題は同じようなことが語られており毎度驚きます。進んでいる国でさえ遅れている。日本はよほどアクセル踏まないと取り残されますね。
この傾向はMBA生の卒業後進路にも如実に現れています。HBSの90人のセクションメイトのうち、投資銀行に行ったのはたった1人。Googleに行ったのは3人。
そして、これにはリーマンショックも関係しているかと。金融がそれほど稼げる仕事でなくなってきたことで、計量人材がIT分野にいき、2008年頃からビックデータブームがきたという流れ。
人材移動は、ノウハウがその業界独自のモノでなくなるということでもある。前にシリコンバレーの企業が、自前の買収部隊を持ってるという記事があったが、まさしくそれ。実務家が移るから、投資銀行を選ぶ視点も厳しくなり、チェックアンドバランスが効くようになり仕事の品質がより問われるから、厳しくはなっても長期的には良い動きだと思う。
日本も金融、コンサルは人材の宝庫。
もっと人がベンチャーに流れるようにしたい。

業績

Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア