新着Pick
496Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
思い出深い重松との会話。
私『梯子外さないっていったじゃないですか、、、』
重『はい、安請け合いしました』
彼から情理と合理のバランスをおぼえました。
10日連続で、ユナイテッドアローズ名誉会長・重松理氏の人生をたどります。イノベーターはいかに戦い勝ったのか。ビジネスパーソン必読です。
取材中、なぜビームスを去られたのかなど、かなりナイーブな質問も投げさせて頂いたのですが、重松さんはそんな直球も受けとめてくださり、率直にお答えくださいました。さすが大者は、違うと感じ入った次第です。また、「好きなことを仕事にする」ことの喜びと辛さの両方を、重松さんは教えてくださりました。是非お読みください。
少し若い人版の私の履歴書という感じでしょうか。楽しみです。
彼のインタビューやUA本はそこそこ読んだので、今回初めて出る内容や新しい角度での内容を期待します
UAは長きにわたって強いブランドイメージを維持し利益率も高いこの業界では稀有な会社。ルミネと組んで駅ビルを、ZOZOと組んでECを、先進的に取り組み、チャネルに対する社会的なイメージ自体も上げてきた正に「イノベーター」だと思います
イノベーターを取り上げるるとき、つい今の成功ばかり見てしまいます。しかし、イノベーションの萌芽はきっと過去にあるはず。この連載では、イノベーターの人生を深堀りすることで、その思考、哲学、生き様に迫っていきます。
ユナイテッドアローズ名誉会長である重松さんの魅力に迫ったイノベーターズライフ。お勧めです。有料会員限定になりますが、第1話も本日、続けて公開しています。
【第1話】ユナイテッドアローズの源泉は幼少期に見たアメリカ
https://newspicks.com/news/829465/
必読なコンテンツが始まった。このコンテンツに合わせて、昨年、UA25周年で開設されていたコンテンツも是非読まれることをお勧めします。
http://www.25th.united-arrows.co.jp/feature
面白い!「Bから始まるビームスの前に立つためには、頭文字はAでなければならなかった」Unitedが入ってしまった!笑
これは超楽しみ!ファッション業界の人にとってはまさにお金を払ってでも読みたい内容でしょう。
ユナイテッドアローズがあるから、鴨志田さんのCamoshita UNITED ARROWSがイタリアのピッティイマジネウオモにおいて、ピッティウオモ賞を取り、日本の服飾再評価の流れを作った。この賞はブリオーニやディーゼルも受賞してる権威ある賞。
ユナイテッドアローズの社名の由来、知らなかった!→ Bから始まるビームスの前に立つためには、頭文字はAでなければならなかった「ARROW(矢)」

この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。
株式会社ユナイテッドアローズ(英称:United Arrows Ltd.)は、衣類や小物などを販売するセレクトショップ「ユナイテッドアローズ」等を運営する企業である。 ウィキペディア
時価総額
550 億円

業績