新着Pick
94Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ヤクルトの山田哲人選手や西武の浅村栄斗選手、有望株だとDeNAの関根大気選手は「強く振れるのがすごい」と言われます。逆に言うとプロに行くようなレベルでさえ、「強く振る」のは簡単なことではない。その理由は、ジュニア世代のときから「強く振る」指導がきちんとなされていないからではないか。野球界はコーチングの大切さを見直し、もっと理論に基づいて指導すれば、眠ったまま消えていく才能に光を当てることができるはず。芦屋学園の取材を通じて痛切にそう感じました。
元プロが高い意識で教える。その環境で過ごした高校生は、野球以外でも得るものが大きそう。
指導者の指導力不足は、間違いなく問題だと思う。
少年野球〜高校までで、壊されたりやり方が分からなくなって、野球辞める人をたくさん見てきた
本当はプロ・アマの垣根がなく、サッカーの育成システムのように、プロ野球各球団がクラブチームとして下部組織を持って運営できることが何よりもいいと改めて思う。
プロから指導を受けれる環境は素晴らしい。
しかしその反面、甲子園出場をかけた高い競争の中に身を置くことは出来ないと思う。
競争心の強さがプロになった時に左右されるのではないか。
「指導者のスキルのなさが目立つ」

そういえば、サッカーと比べて、選手未経験だとか選手では大成しなかった人がコーチ、というケースはす少ない気がする(ファクトなし)
芦屋学園はまじで応援したい。
純粋に芦屋学園と大阪桐蔭の試合とか見てみたいよね。
高野連だの何だのという利権による縛りを廃して、オープン化していった方が野球界のためだと思う。
最初からしっかり考えてこの学校に入ってくる選手は論理的に教え易いんでしょうね。話を聞く気があるというか。それでも教え方に工夫が必要のようですが。
知りませんでした。意欲的な試みで、応援したいです。