新着Pick

喫茶室ルノアールにあって、スターバックスにないもの (3/3)

Business Media 誠
東京に住んでいる人であれば、誰もが目にしたことがある喫茶室「ルノアール」。スタバなどの欧米スタイルのカフェに押され、「残念な喫茶店」になっているかと思いきや、業績はまずまず。決しておしゃれではない「ルノアール」は、なぜお客から支持されているのだろうか?
9Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「喫茶室『ルノアール』は、コーヒーを消費しにいく場所ではなく、何かをしにいく=生産の場所であり、目的の場所なのだ。だから、目的の内容は違えど、『目的を達成しに来る』という同志である空気感が、店舗内にある。やっていることはバラバラなのだが、『自分の居場所』を共有している連帯感がある。隣でせっせと仕事をするおっさんを、私は実際には、知らないが、なんとなく知っている人であるような気がするし、私自身がそう見られている気もする。」(引用)

ちょうど知人3人でゆっくり食事をしていて、「スターバックスとルノアールの違いって何だろう?」という話になった。この記事は、2つのブランドのビジネスモデルの分析としてはいかにも物足りないが、ルノアールを好んで使うビジネスパーソン(むしろサラリーマンという言い方のほうがすっきりするかも―)の「気分」は、とてもよくとらえている。

「自分の居場所」という感覚(気分)は、サードプレイス体験を底支えする大切な価値だ。(日本の研究者はこれを「マイプレイス型サードプレイス」と定義している)。なぜ「喫茶店」でなく「喫茶室」なのかも興味深いテーマだ。本記事のライターは、喫茶室と呼バラれるルノアールには、「『目的を達成しに来る』という同志である空気感が、店舗内にある」という。時間消費、体験消費とは少し違う、インフォーマルなセカンドプレイスのニュアンスがあって面白い。
すごいどうでもいい考察だったw
でもこういった微妙なニーズを汲み取るのがビジネスとしての安定性を生むのかもしれない。
スターバックス(英語: Starbucks Corporation、ナスダック: SBUX)は、1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業した、世界規模で展開するコーヒーのチェーン店である。 ウィキペディア
時価総額
11.0 兆円

業績