新着Pick

丸善/ジュンク堂書店を吸収合併

流通ニュース
丸善CHIホールディングスは12月24日、完全子会社の丸善書店がジュンク堂書店を吸収合併すると発表した。 書店事業について、より効率的な運営とブランド力の発揮による成長と収益拡大を図るため、管理業務・本部業務の統合による […]
200Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ジュンク堂が営業損失だとは知らなかった。本屋に行って買うというマーケットが縮小しているから再編は仕方ない。
これは大日本印刷のグループ再編の一環なのである意味既定路線かと。
http://www.dnp.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2010/06/29/100629_1.pdf
本屋です。皆さんのコメント興味深く拝見しました。今こそ、本屋にイノベーションが求められています。街の本屋も頑張ります。
ところで、皆さんご利用のAmazonですが、所得法人税を支払っていないのをご存知でしたか?
ネットでの購入は、ジュンク堂さんでも紀伊國屋さんでも、ついでに弊社でもご利用出来ます。(^.^)
ジュンク堂書店は広々とした店内と豊富な在庫で差別化を図っているように見えたのですが…。赤字決算とは厳しいですね。本の置かれた状況を考えれば、グループ再編による競争力強化はやむを得ない選択です。
この書店のヘビーユーザーとしては、現在の書店の持つ、ゆとりや品ぞろえの良さといった、他の書店にはないプラス面は可能な限り維持して欲しいところです。
TSUTAYAではないけれど、大学の図書館を丸善あたりが受託してくれないかな
書店の統合再編は当面続くでしょうね。何とか生き残れるのは六本木や代官山蔦屋書店みたいな差別化や、大型書店など。
それ以外はコンビニとネットで大半が食い尽くされ、トドメに電子書籍。
行きたい本屋さんは何か、のビジネス変化の時だと感じます。
ジュンク堂って赤字だったんだ。結構な衝撃。
まぁ、規模で争ってもAmazonには勝てないもんね。。。
お互いに丸善CHIホールディングスの100%完全子会社。その両社が合併し、名前が丸善ジュンク堂書店になるということ。名前のつけ方が、金融機関みたいだな。
本屋で本を購入したのがいつだったか思い出せない。
ちょっとショックです。リアル本屋も好きなんですが、再編が続くと閉店する店舗も増えそうですね。
ジュンク堂書店(ジュンクどうしょてん、英語: JUNKUDO Co.,Ltd.)は、大手書店チェーンで、丸善CHIホールディングスの完全子会社である株式会社丸善ジュンク堂書店が運営している。「淳久堂書店」や「JUNKUDO」と表記されることもある。2015年1月までは株式会社ジュンク堂書店が運営していた。 ウィキペディア
丸善CHIホールディングス株式会社(まるぜんシーエイチアイホールディングス、英語: Maruzen CHI Holdings Co., Ltd.)は、丸善株式会社及び株式会社図書館流通センター(TRC)の経営統合により2010年2月1日に設立された共同持株会社である。大日本印刷の子会社。社名の「CHI」は、ローマ字表記「知」を意味する。 ウィキペディア
時価総額
365 億円

業績