新着Pick
63Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
根性も必要ですが、理論や合理性とうまく組み合わせるべきだと思います。倉俣さんのコメントにあるように、「自分が学んできた、何々高校、何々大学の方法は伝えられる」だけでは、視野が極端に狭くなってしまう。

日本サッカー協会の指導者ライセンス制度を調べていると、幅広い分野を能動的に学ばせるように仕向けるシステムがすごいな、と感じました。日本サッカー界と比べ、野球界は指導者育成という観点が足りなすぎる。ということで、指導者ライセンスの導入方法や効果を具体的に考えるために、日本サッカー協会の方と現場のサッカー監督に話を聞いてきます。
名投手の鹿取さんが「投げ込み」のメリット・デメリットを指摘。侍ジャパンにかかわる第一人者が根性論の限界を感じており、野球界が変わるという期待を持てる。
投げ込みが良い悪いではなくて、投げ込み至上主義、みんな一律の球数を良しの風潮が良くないと思っています。それぞれの体に合わせて、最適な量というものがある思います。細分化して行く時代にこれからして行く必要性があると思います。ジュニアに関しては、最適量を求める必要はなく、その2歩手前くらいで抑えるのが良いのではないかと思います。指導者ライセンスは必要ですね。カリキュラム作りも。http://number.bunshun.jp/articles/-/781170

日本人のように体格に恵まれないと、これも仕方ないのかもですね。ある境地を開くまで。。
やっぱり外国人の体格任せの投げ方だと戦えない。なので科学と根性の狭間で苦慮するのでしょう。
日本の野球界にも、モウリーニョやグラウディオラの様な指導者が現れなくてはならないのかもしれない。