新着Pick
135Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この連載には大企業の中でイノベーションを起こすためのtipsが詰まっていると思う。今回出て来る場所を本社と「スープが冷めない」絶妙な距離に移したというのも大きいと思う。イノベーションを起こすためには「空気」は何より重要。離れた場所に移した事は↓のような独特の空気を作る事を後押ししたと思う。
「虎の門のドコモ本社を学校とするならば、神谷町のビルは高校野球の合宿所でした。世間の評判は弱小チームで、同級生も先生も親たちもそう思っていて、我々だけが甲子園で優勝すると信じて練習に励むチームの熱気ムンムンな合宿所の雰囲気でした」
オフィスを離したあたりとか、イノベーションのジレンマにある別部隊にする的なところと重なる。iモードはdocomo傘下だから大きくなったのではなく、特異ケースだったと思わされる。
あとUP社の提案をブラックボックスだから不採用としたというのは、結構その後のiPhone導入の遅れとも共通してる意思決定要因なのかなと思った。たしかにブラックボックスが多いものの導入を避けたいだろうが、それがマジョリティとなった瞬間に、導入遅れは手痛い…
「結果的に、多くのコンテンツにアクセスを可能にするインターネット標準方式を採用した我々のiモードが世の中に受け入れられました。顧客は技術を買うわけではなく、もたらされる利便性に対価を支払うのですから」この決断がいまのスマートフォンにつながる。日本で育てられすGoogleやiPhoneに引き継がれて大成長したのは
本当に悔しいな。日本のキャリアの責任 大かな。榎さんがトップになれなかったNTTの限界を感じる。
「顧客は技術を買うわけではなく、もたらされる利便性に対価を支払うのですから。」
まさに日本が長らく突き進んできたプロダクトアウトの発想からの転換ですね。
オフィスロケーションの話は大企業では有効な作戦だったろうな。しかしそんなんだからiモードをそのままガラパゴス化させてしまったんだろう。本気でdocomoが取り組んでたら世界地図はもっと違うものだったのかも。
まさにその通り。人間はその対価が以下4つに当てはまらないものは使い続けない。①便利②お得③楽しい④情報。アプリもすべてこの軸で切れる。
(抜粋)顧客は技術を買うわけではなく、もたらされる利便性に対価を支払うのですから。
「スープの冷めない」微妙な距離。はiモードの開発にとってとても重要なことだった気がします。
面白い。自分達だけが甲子園優勝を…の件とか分かりやすい表現だなぁ。