新着Pick
354Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
明屋書店では、決してやらないけれど、これも立派な本屋のイノベーション。
改めて思います。本屋は、イノベーションの宝庫ですね。
本屋には、人と本が出会うセレンディピティが毎日繰り返されています。
全国の本屋は、明日も皆さんのお越しをお待ちしております。

面白い!
面白いんだけど、そのままそれらの本が売り物なのが嫌。不思議だね、立ち読みされてる本を買うのは平気なのに、知らない誰かと一晩共にした本を買うのは何だか嫌なの。
寝袋は、地震が来て、本棚が倒れてきたり、本が飛び出してきても、直撃されない場所に移動した方がいいと思います。小さな地震が日常茶飯事の静岡生まれの両親に育った私は、自動的に考えてしまいますww
面白い試みだなぁ!
本屋の何とも言えない空間は大好き!本の中に囲まれて夜更かし、魅力的すぎる♪読み切れなかった本、絶対買いそう。
Amazonがどんなに普及しても、一定の本屋好きは存在する。本屋がどんな戦略を練ってくるか、楽しみ。
試みはとても面白いですね、ただこの寝袋のイメージですよね。。
森の図書館とか代官山のTSUTAYAとかのイメージでハンモックとかで寝れると最高なんですが。
売り物の本を読み放題にして泊まらせるって、通常客からするとなんか嫌だな。
本はAmazonで買おっ!
便意がこみあげて仕方ないんじゃないかな。
本屋にいると催しますよね?
ニーズあるのかな?カフェ併設なら分かりますが。書店もアイデアないと大変なのでしょう。
ソーシャルで拡散させようと言う意気込み満々のPR色が強すぎて少し嫌悪感を感じる。
ジュンク堂書店(ジュンクどうしょてん、英語: JUNKUDO Co.,Ltd.)は、大手書店チェーンで、丸善CHIホールディングスの完全子会社である株式会社丸善ジュンク堂書店が運営している。「淳久堂書店」や「JUNKUDO」と表記されることもある。2015年1月までは株式会社ジュンク堂書店が運営していた。 ウィキペディア
丸善CHIホールディングス株式会社(まるぜんシーエイチアイホールディングス、英語: Maruzen CHI Holdings Co., Ltd.)は、丸善株式会社及び株式会社図書館流通センター(TRC)の経営統合により2010年2月1日に設立された共同持株会社である。大日本印刷の子会社。社名の「CHI」は、ローマ字表記「知」を意味する。 ウィキペディア
時価総額
363 億円

業績