新着Pick
114Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これまでの報道を見ていると、イメージセンサー自体ではなく、周辺のロジックなのだろうと思う。逆にイメージセンサー自体は、ソニーの競争力の源泉だし、プロセスレシピ含めて自社でやるだろう。
もりちゃんさんのコメントと重ねると(いつもありがとうございます!)、2x-4x nmという線幅を考えると、車載狙いだろうとは思う。ルネサスなどのファンドリー委託部分を、台湾だけでなく日本でも作れるようにする。キャパを確保して、技術者の雇用と育成もできるようにして、また台湾での有事や、日本での災害があったときの冗長性をグローバルに確保する。そんな文脈ではないかと思う。
この意義は大きい。これまでのコメント通り、増産分を台湾でなく日本で。
積層型イメージセンサーの一部を熊本で生産するかもしれないとのこと。

CMOSイメージセンサーは、電子の眼とも呼ばれています。
光を電子情報に変換する半導体基幹部品です。
スマートフォンのカメラ、監視カメラ、車の自動運転、医療で使われています。

積層型は、従来「1階建て」のシリコン半導体素子を「2階建て」にした手法。
これにより、高画質な基本性能を損なわずに、小型化と多機能化を実現しています。

うまく決まるといいですね。
28nmぐらい自前で作れそうなのにね

業績

業績