新着Pick
255Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
感染拡大で不評なのは、小池知事よりも菅内閣であることは各社世論調査から明白なことなので、応援演説ではなくオウンゴール演説になってしまうのではないだろうか。
閣僚、副総理でもあり、不適切な発言かと思います。「まいた種」の真意がわかりませんが、コロナであれば、違うことは明白。党運営ということであれば、身動きとれない政治的事情も示唆しているようにもみられ、意味は深いかと。知事復帰のタイミングと、復帰後の第一声に注目したいです。
タイトルが誤解を招きますね。

国会議員がおらず国に話が通らない「都民ファーストの会」をつくったのが小池知事の責任で、「自分でまいた種」と言っているだけのことです。

そのような組織づくりをしてしまったことに関しては、小池氏を攻撃しても何ら問題はありません。
都民ファーストの候補者に対して強い応援メッセージもなく入院に逃げ込む小池知事は人間としてクズだ。一方、麻生副総理の小池批判は回りくどくて分かりにくいし上から目線感があって不適切で、言わない方が100倍よかった。お二人とも政界を引退されるのがいいのではないかなあ。
お得意の切り取り。党体制が足りないことにたいしての発言なのに、なんかコロナ対策っぽく見えますね。実際TBSプロが中身見ない発言されていらっしゃる。
政治家として、自分がやったことに対しては責任を取るべき…という言い方をしないのが麻生さんらしい。
→この意味では、自分でまいた種…は正しいです

過労は政治家の宿命ともいえますが、長く飼っていた愛犬が亡くなったのは、精神的にかなりダメージだと思います。
デリカシーがない。それ以上でも以下でもない。
また切り取りの与党批判タイトルですね。よく読むと都民ファの組織のありかたを批判しているのに、これだと全く違う印象を受けます。
小池さんを都知事としてはどうかと思うけど、人を選挙に勝つなら人への思いやりを忘れてもよいと言わんばかりのこの態度に空いた口が塞がらない。
プロレスのマイクパフォーマンスに勘違いしてるんじゃないか、としか…