新着Pick
4Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
金与正党副部長が談話を出した。米国が対話再開を期待するのは「誤った期待」であり、「さらに大きな失望」に直面すると警告した。「アメリカは、自分を慰める方向に夢占いしている」と厳しく揶揄する言葉を自分の名前で発信することができることから、対米政策の責任者であることがわかる。ベトナムのハノイでの米朝首脳会談が合意文書なしに終わった記憶が消えていない北朝鮮は、交渉再開を急いでいないのだろう。