新着Pick
13Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
中朝国境の中国側の街や韓国内で入手する「北朝鮮内部文書」の8割は偽造文書。中国か韓国に住む人がカネ稼ぎで偽造している。今回、朝から報道されて続けているものについても精査が必要。疑問点は、
(1)「発送日付」として、2021年3月〇日とあるけれど、内部文書なのに2021年とだけ表記している。「主体110年」とするか「主体110年(西暦2021年)」としていないのはなぜか。
(2)文章が韓国語の標準語に近い文章、単語を多用している。

などがわかったので、現物を手にしていない自分のコメントはここまで。
人気 Picker
「文書からは去年5月以降、今年3月まであわせて5回、ロックダウンが実施されたことが分かります。いずれも原因は密輸の発覚としていて、「いま正直に自首すれば許す。さもなければ摘発して厳しく罰する」としています。」
北朝鮮でも5回もロックダウンが行われていたのですね。密輸に対して神経を尖らせている様子がとてもよくわかりますね。
ワクチンとかどうなってるんだろう?