新着Pick
654Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これから宇宙に人が滞在する時代を見据えて、宇宙食の在り方が議論されています。従来のように地球からもっていくのではなく、宇宙で食料を生産して消費するという地産地消モデルが究極の姿。日本ではJAXAも参画するSpace Food Sphereという社団法人とそこに加盟する沢山の企業が研究開発を進めており、特にユーグレナさんはユーグレナをはじめとする藻類の光合成機能によって、二酸化炭素を吸収して酸素と栄養素に変換する機能を活用して閉鎖空間における循環モデルを提唱してますね。
https://spacefoodsphere.jp/
藻類には、現在の社会課題を解決する大きな可能性があると思っています。
東大の倉橋先生が沙漠臨海部を活用し、石油コンビナートに替わる「バイオマス・コンビナート」を造る「バイオマス・ショア」構想を立ち上げられてます。

農地を利用した炭素貯留やブルーカーボンなども含め、土地の利用用途を転換することで新たな価値を得るこれらに大きな可能性を感じています。

https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/articles/t_z0508_00055.html
微細藻類に含まれるたんぱく質の割合が多い(50~76%)というのは、今後人類が良質なたんぱく源の持続可能な確保を目指すために注目すべきことかもしれません(下記報告書 P69 によると、牛肉はたんぱく質~26%、魚は~28%、昆虫は~48%。植物性・動物性の違いはありますが、ご参考まで。大豆も30%程度と言われています。)。
http://www.fao.org/3/i3253e/i3253e.pdf

すでにユーグレナ飲料が手軽にコンビニ等で購入できる世の中になっていますが、食料調達におけるCO2排出量に注目が高まっている今、燃料やプラスチック利用などに加えて、今一度環境に配慮した食糧としての活用に期待が高まります。
今後、石油が取りづらくなっていったり、脱炭素が叫ばれたりする中で、「藻」は押さえておくべき分野の一つだと思います。

微細藻類の歴史は案外長く、アメリカのエネルギー省や日本にNEDOも積極的に助成し、産業を育てようとしてきました。

ただ、培養の難しさやコストの高さから、撤退を選んだ企業も少なくありません。

明日は、微細藻類を「第二の油田」とし、大規模な産業化を目指す、ちとせグループの戦略をお伝えします。
藻類が人類を救い、地球を救う。人間は自然に生かされているのだな、とつくづく思いました。

熱帯魚やメダカを飼っていると、水槽にすぐ藻類が繁殖します。これまでは毛嫌いしていましたが、見る目が変わってきました。何かこれを活かせないか妄想してみます。
植物由来製品はどうしてもその生産過程で肥料のような栄養分を加える必要がありますので,ハーバーボッシュ法に頼らない窒素源の導入なども同時に進めたいですね。藻類からオイルを絞った後のタンパクや核酸をリサイクルできるような仕組みがあるとなおよいかもですね。
末尾の「ただし」スライドが全てをあらわしてますよね。R&Dと設備投資でコストは確実に下がっていき、徐々に既存の原料(牛脂やパーム)に対しての比率が上がっていくと。そこで二つのカーブが交わってle2go!!
石油はあと50年しか採掘できないとなると、新エネルギーの実用化が必須です。
いまはコストが高いという弱点はありますが、石油の希少性が高まると石油側のコストは高まるはずなので時間の問題でしょうね。
とてもしっかりポイントを端的にしかりわかりやすく紹介頂い。てます。スポンサー記事じゃないのが不思議なくらい(笑)
自分の吐いた息から宇宙食ができるなんてすごいよね