新着Pick
30Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
このうち4100万回分は、国際的なワクチン供給の仕組みである「COVAXファシリティー」を通じて、残り1400万回分はイラク、ウクライナ、パレスチナなどに直接供与する、ということのようです。「見返りは求めない立場」とありますが、海外協力と対外的な影響力確保の意図は切り離せないものです。「先進国としてするべき途上国支援」と「ワクチン外交」、その両側面がある話だと思います。
人気 Picker
冷戦時代は「核の傘」として東西に陣営が分かれましたが、今回は「ワクチンの傘」ですね。

このワクチンと外交が完全セットになって世界が動いている現状を見ると、かつての核を彷彿させると同時に、改めてコロナは「生物兵器」という表現がしっくりきてしまう恐ろしさがあります。
(別にどこか特定の国・団体が生物兵器として製造した、という意味ではありません)