新着Pick
182Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
発展して、売上予測、生産及び買付予測まで行くかな⁉︎
人気 Picker
次世代スーパーとしては、トライアルカンパニーが先を走ってます。

「レジ待ちを無くす」「メディアになる」スマートショッピングカートや「AIの目で売場を最適化する」リテールAIカメラなどで、買い物体験を変革しています。

ソフトバンクも本格化するとなると、業界全体にスケールする匂いを感じます。
「陳列棚カメラで品切れ検知」「レジの待機人数予測」「レコメンドカート」「カートのセルフレジ」など。利便性高める事が前提にあり、同時にスーパーの適正人員の見直しが実現するのも期待です。
人気の高い「業スー」をソフトバンクのAIを利用して次世代型スーパーに。業務スーパーの業態はコスト削減が重要な要素の1つであるので、テクノロジーを使って業務効率化ができると、さらに勢いを増すことができる。品出し意外で無人店舗というのも近い将来出てくるかもしれない。
スーパー・小売り店向けの施策内容として目新しさはありませんが、ソフトバンクと業務スーパーが手を組んだという観点が興味深いです。
株式会社神戸物産(こうべぶっさん、英語: Kobe Bussan Co., Ltd.)は、兵庫県加古郡稲美町に本社を置く企業。主に業務用食品の販売を手がけるFC(フランチャイズチェーン)方式のチェーンストア。 ウィキペディア
時価総額
1.09 兆円

業績