新着Pick
172Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
若い方がフットワークが軽いし、大卒より人件費も掛からないので一石二鳥だと思います。

大学生時代にロッテリアでバイトしていましたが、高校生の女の子とか仕事が出来る子は社員よりぜんぜん使えますから。彼女たちにはレジ打ちとかよく教えて貰いました(笑)
人気 Picker
単純な従来店舗ではなく、様々な形態やコラボなどを織り交ぜた展開戦略ではないかと思います。

飲食のビジネスにおける最大の課題の一つが人材獲得であり、スタバのような良質な店舗スタッフの継続的な確保には、このようなブランディングも絡んだ施策は不可欠でしょう。

アメリカを見ていると日本ほど混雑していなくてもしっかり黒字を稼いでおり、ビジネスモデル的にまだまだ拡大しても損益分岐点を越えることがグループ内でシェアできていることと思われます。

2000店に向けたアプローチ、楽しみです。
スペシャリティコーヒー市場はここ数年プラスに転じています。

都内や関西の自宅でもコーヒー豆を販売したり、ローストして頂けるカフェがありますが、そこまで行くのが正直辛く、手の届く範囲に店舗のあるスタバで豆を購入する事がすっかり定着しました。

コーヒー豆をスタバで買うと、会話が生まれ、いつもどのようにして飲まれてますか?から始まり、挽き方とかの会話から、サッとサンプルのコーヒーをすぐに持ってきて飲ませてくれる。

店舗マネージャーによるサービスの采配が違うのは否めないが、事実としては完全に、着実に地域密着しているのかなと思います。
確かにスタバやコメダなど空間や飲料にプレミア感があるカフェは今後も伸びていきそうですし利用者は減らなさそうな印象があります。
とはいえ、今時点でも店舗数多いぐらいな感じもしますが、ガンガンいきますね。
雇用を増やすと言うのは明るい話題
スターバックス(英語: Starbucks Corporation、ナスダック: SBUX)とは、1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業した、世界規模で展開するコーヒーのチェーン店で、シアトル系コーヒーの元祖である。日本では、スターバックスコーヒージャパン株式会社が展開している。 ウィキペディア
時価総額
16.0 兆円

業績