新着Pick
126Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
バイタルサインと呼ばれる「脈拍」「血圧」「呼吸」「体温」は、健康状態を確認するための指標とされます。アップルウォッチでは、「脈拍(心電図)」に関しては、すでに簡易的な実用レベルで活用されています。

記事によれば、特許を取得していた「体温」のセンサーも搭載する予定とのこと。さらに、別の記事には、(カフ(血圧測定時に装着する空気袋)を使わない)「血圧」センサーの特許も取得しているとされています。

「Appleが、ウェアラブル血圧計に関する特許取得~ワイヤレス・カフを使用」(2020年12月14日)
https://news.livedoor.com/article/detail/19375524/

現在はまだ、大半の測定機能については正確性などに課題があり、実用化のレベルに至っていないと思われますが、本格的に活用されるようになれば、常時モニターできることに対してのメリットは大きいと思いますし、健康管理の常識を変える可能性があると思います。

再三報道されているように、アップルが「ウォッチ」をデバイスにして、本格的にヘルスケア領域を重点化しようとしていることは間違いありません。
Appleが世界一のヘルスケアカンパニーになる日に向けて、着実に前進していきますね。
とはいえ局所戦での連携など、できることは多々ありそうです。
過去にも下記のような報道もありました。
「耳に装着するイヤホンはセンサを肌に密着させやすいため、生体データ取得に適しているのだろう。センサで計測するデータの具体的な例としては、心拍数、血液量、呼吸数、体温、心電図、心拍出量などを挙げた。」
【アップル、新型「AirPods」は脈拍や体温の計測に対応するかも--関連特許が公開に】
https://newspicks.com/news/2873198

コロナ禍で体温の計測の需要も高まりましたし、以前よりニーズが高まっているともいえますね。
お!これは凄い

以前から私書いていますが、SmartWatchに体温センサーがあるととても嬉しいです。
https://newspicks.com/news/5208466?ref=user_151090
Apple Inc. (アップル)は、カリフォルニア州クパチーノに本社を置くアメリカ合衆国の多国籍テクノロジー企業である。デジタル家庭電化製品、ソフトウェア、オンラインサービスの開発・販売を行っている。 ウィキペディア
時価総額
266 兆円

業績