新着Pick
158Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
多様な働き方を推進ことは、今までリーチ出来なかった層に対して、影響あるメッセージとしてポジティブに受け容れられる可能性がある。しかしながら、単に、週休三日だけが打ち出されているだけでは、元々の働き方は変えられず、結局休めない顛末を迎えることを危惧します。人事施策は、全てにおいてポリシーが明確で、"狙い"がどこにあるのかを従業員側に示すことが当たり前だが求められる。"飛び道具"的な人事施策は運用が機能せず、形骸化し、人事部の独り善がり的施策になることが多い…。新たな人事施策を導入する前に、引算的視点をもって、ポリシーに合致しないもの、効果が限定的なもの…などを中心に棚卸評価を行うことが必要だと思う。
人気 Picker
日本企業の人は働く時間が長すぎる。 有給休暇の消化率などもまだまだ改善の余地はある。 全国全企業一律のスタートは難しいかもしれないが、できる業種・企業から始めてみてはどうだろうか。
働き手の希望に応じて週休3日制を選べる「選択的週休3日制」についてのヤフーのオリジナル記事。
最も気になったのは「週休2日制ですらない」というコメントが多かったということ。私の周りにもそういう人が多く、週休3日なんて雲の上のようだと。
「選択的週休3日制」の検討が広がることで、現状の制度を見直し、結果的にきちんと休める人が増えることを期待したいです。
何が大切って週休3日って考え方をしてもいいんだって、考えるきっかけができることですよね。
それだけ、週休2日が所与のものになってしまっていると思うので。
1つの会社にフルコミットしなくて良い状況、例えば副業が認められ、有休取得が認められて、その上で個人が生産性高く働ける、そんな働き方を選択していきたい
週休3日で1日は副業する、ができる形は目指すべきところにあるように感じています