新着Pick
435Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今週は、Quartzの英語版の特集シリーズ<Field Guide>から、今週はアフリカのエンタメ業界の盛り上がりに迫った「The ascent of African entertainment(https://qz.com/guide/african-entertainment/)」をお届けします。

欧米のポピュラー音楽として広い支持を集める音楽のバックグランドには、アフリカ音楽の流れが多く存在します。そして、こうした背景には、奴隷制度とは切っても切れない関係があり、昨年のBLM運動の際にもこうした論点は盛んに議論されました。

一方でいま、ヨーロッパやアメリカではなく、アフリカ大陸からアフリカ人たちによるアフリカ音楽が世界で旋風を巻き起こしています。

Warner Music Internationalの社長を務めるサイモン・ロブソンは、国際レコード産業連盟(IFPI)によるGlobal Music Report 2021(https://www.ifpi.org/wp-content/uploads/2020/03/GMR2021_STATE_OF_THE_INDUSTRY.pdf)のなかで、「K-POPが躍進を続けているのはもちろんだが、今年最もエキサイティングなことは、アフリカの音楽やアフリカのアーティストが世界中のファンに受け入れられたことだ」とコメントを寄せています。

Quartz Japanで昨年お送りしたニュースレターでも、「新世代のアフリカン・ミュージック」と題し、アフリカで独自の発展をし、世界に広がる音楽家たちを紹介しました。
https://qz.com/emails/quartz-japan/1858065/

Quartzの日本語版「Quartz Japan」では現在、平日朝夕と日曜日にニュースレターという形でコンテンツをお届けしています。もちろん、この特集を含むQuartz英語版の記事もすべて読み放題です。ぜひ、7日間のフリートライアルでお試しください!

登録はこちらから👉https://qz.com/japan/subscribe/
記事中で取りあげられている音楽アプリ「BOOMPLAY」ですが、途上国向けに特化した携帯電話メーカーのトランシオンと、ゲーム「荒野行動」でおなじみのネットイースの合弁会社が運営しています。今やアフリカ最大の音楽アプリとして、ソニーやユニバーサルなど世界的なコンテンツ企業とも提携しています

トランシオンはBOOMPLAYだけではなく、中国小説アプリなどのプレインストール戦略を進めているとのこと。未来の市場を狙って中国企業が布陣をはじめている点も見逃せません。

詳しくは以下の記事に書きました
【アフリカの王】アップル超え目前の知られざる携帯メーカー https://newspicks.com/news/5819036?ref=user_9846
アフリカは12億人を超える人口数を有する地域で、2050年には4人に1人がアフリカ人になるという統計調査*から示唆される通り、非常に大きなトレンドを作り出す可能性を秘めたマーケットです。
今日は早速記事触れられているSpotifyのQuartzアフリカプレイリストを聴きながら、アアフリカから呼び起こされる新しいトレンドへ思いを馳せながら仕事をしています。

*参考:JETROアフリカビジネス5つの注目トレンドhttps://www.jetro.go.jp/biz/areareports/special/2019/0702/38e6d7ed0510c745.html
様々なサービス名やまつわる数字がきれいにかつ短く整理されているので情報として見やすいです。

タイトルにある「なぜ」の部分にそこまでフォーカスした内容は出てこないので、まず色々なアフリカ発のサービス名に触れる、という感じで活用するのが良いと思います。


※サムネイルにある「アフロポップ」というフレーズ。

 原文でも一部使われてますが、日本語と英語の「アフロ」のニュアンスはやや違う可能性があるので、個人的には気になりました。アメリカでは髪型を特定の人種と結びつけることは差別とみなされますが、日本語の「アフロ」が髪型の語感が強いので、原文にあるからというだけ直訳して利用するのはややリスクを感じたことをコメントしておきます。
Quartzアフリカが作成したプレイリスト、いけてる。
アフリカのエンタメ業界のこと、まったく知らなかったので、すごく面白かった。
アフロポップが急激に進捗したというよりは、元々の土台があったのを、SpotifyやNetflixなどのプラットフォーマーが拡散&アフリカのエンタメ業界が自分たちで情報を発信できるようになったのが大きいんでしょうね。

そもそもアフロポップってここ10年ぐらいでやたら使われ出した印象があります。

ここで取り上げられてるYASUKEとかもフライングロータスが音楽監督やったりしてますが、ヒップホップが世界的なジャンルになったことで、ビートメイカーやリズムに対するアプローチが非常に拡大しました。
*昔はアフロビート=ワールドミュージックみたいな扱いでしたが、今はポップスの一部として取り込まれてきてます

ヴァンパイアウィークエンドのような人気バンドがアフロポップをインディーロックに取り込んで、10年以上経ってますし、文化的な土壌が出来上がったうえで、経済的なアプローチができるようになったことが大きいんだろうなと。
ショーマックスの方が“最もパーソナルな出来事は、最も普遍的な出来事であることが多い”とコメント。映画「パラサイト」も“最もパーソナルな出来事は、最もクリエイティブだ”とおっしゃってましたね。
アフリカローカルが広がるヒントになります。個人の血の通った体験が大切なんだなとあらためて思います。
Jerusalema Challengeたしかに皆やってた笑
あのどこの国も基本同じリズムはグローバルになるのかアフリカンなのか。。。個人的には好きですmm
アフリカ行きたくなる〜♬