新着Pick
6738Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回の特集をやりたいと思ったのは、個人的な課題意識がキッカケです。私はJobPicks(https://job.newspicks.com/)というNP発のキャリアメディアの編集長もやらせてもらっているのですが、新規事業は当然「顧客の創造」をする必要があり、マーケティングの思想を知らなくては太刀打ちできません。ところが私はほぼ編集・記者の経験しかなく、毎日社内、社外のプロフェッショナルの指導を仰ぎ、独学をしながら四苦八苦。それでも「作りたい記事を作りたい」という編集バカは直りませんが。

なんとか事業を飛躍させたいーーそんな思いが今回の特集に繋がりました。しかし商品企画、営業、人事など非マーケ部門でマーケティング思考を身につけたいという私のような方は、意外に多いのではないでしょうか?

今回の特集第一回目は、リクルートでIndeedの買収、PMIをリードし、従業員全員に「数字にこだわる仕事」を提唱する出木場社長にご登場頂き、前年踏襲でない10倍、100倍の結果を出すためのKPIの作り方、ユーザーの気持ちに徹底して寄り添う思考法などについて詳しく聞きました。

・データを分析する意味は3つしかない
・100倍にできる数字はないの?かを自分に問う
・奇跡みたいな結果にはタネがある
・100倍の結果を出す目標はせいぜい1個か2個
・エッジを立てたかったらバランスを崩せ!

など金言が溢れ、なおかつ実用性に富む学びがズッシリのインタビューです。今日から5日間、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。
すごく惹き込まれるインタビューでした。KPI、ひいてはマーケティング戦略の本質を大胆に言い切っておられると思います。

「なんか、100倍にできる数字ないの?」これを問い続ける経営者というのは、(嫌な顔され続けるかもしれませんが)大きな変化、現場に対してシンプルで本質的な思考をもたらすのだろうと思います。そしてそれが組織に埋め込まれた時、達成に向けた「ワクワク感」という"イノベーションの素"が醸成されるのではないのでしょうか。

何よりインタビューを受けている出木場さんの表情がめちゃくちゃ豊かです。リクルートらしいというか、所謂保守経営者とは一線を画すタイプの経営者の方だなと感じました。
1冊の本を読んだくらい、多くの気づきがありました。まずはすぐにでも何か100倍にできる数字を見つけようと思います。
昨対比2倍とか、過去ギネスとか、そのレベルを目標に掲げていたらせいぜいうまくいってもそこ止まり。10倍、100倍の成果を狙う視点をリーダーが持たなければ、そのチームの目線も下がっていってしまいますね。

「なんか、100倍にできる数字ないの?」と言うことで周りから嫌な顔をされたとしてもそれを問い続けること、一緒に見つけていく努力をし続けることがリーダーの役割なのだと思います。
今日はマーケティングというよりリーダーシップの話でしたね。「100倍」も含め、社員から「またあの話か」と嫌な顔をされるくらいでないとリーダーの本気度は伝わらないということが改めてよくわかりました。

過去のインディード買収の記事を読み返すと、M&Aをどうのというより結局こうした経営がインディードのポテンシャルを引き出すことができたのではないかという感を強く持ちました。
最後に触れるIndeedの成功体験は、今後も大きな糧になり続けるでしょう。まさかリクルート全体の時価総額の大半を占めるようになるとは。グローバルに打って出た後に、日本企業でも買収先をしっかり活かせることを証明されましたね。M&Aは結局トップ判断なので今後もいくつもの案件を推進していくでしょう。是非会社のリソースを自己実現に使い、これからの日本企業のあり方という意味で牽引して欲しいと思います。

やはり人材を活かし続けるという点ではリクルートは本当に最強ですね。日本企業でここまで抜擢と昇進を繰り返せるところはまず思い浮かびません。ヤフージャパンは近いイメージですが、スピードには随分差がありそうです。リクルートのマインドとカルチャーが一番の学びどころ。江副さんを描いた「起業の天才」を1日で読破したものの、新生リクルートのマインドとカルチャーは違う進化を遂げたように思います。
KPIをトコトン追求し制覇すると、多くの可能性に繋がり、ビジネスがもっと面白くなりますね。例えば一つのキャンペーンを仕掛けて一定の売上が取れても、それだけではどれだけ効果的だったかはわかりません。そのキャンペーンが生んだ純増売上(incremental sales)がどのくらいあったのかが大切です。そのためのテスト検証と分析は必要であり、繰り返し分析をしていくと明らかにパターンが見えてきて、とても役に立ちます。

もう一つは、やはり現場の声。現場の声ほど改善やアイデアに繋がる貴重な情報はありません。現場を第一に考えて聴くことは、ビジネス成長と働く社員のモチベーションに繋がる近道ですね。
是非見ていただきたい記事。何回も繰り返し読みたい…
「分ける」「集める」「比較する」は本当に。これはデータに限らずどんな分析でもそうだと思う。適切な分け方(細かく分けるのも、集める・合わせるのも「分け方」)をするのは、それをもってデータや性質の共通点・差異点・変遷を比較するため。そしてそこから示唆や仮説を出して、行動や結論に結びつけるため。
そのためにも、なぜ・どうやったらを考え続けることが、そこの精度というかセンスをあげるために効くのだと思う。
初めてゆっくり出木場さんの話を聞きましたが、やっぱりこの方すごいです。

数字(具体的だがそれ自体は記号)に意味(比較)を持たせて抽象化し、課題を本質化させています。まさに自分がやりたいこと。

引用
僕がよくマーケティングについて話すとき、最初に言うことがあるんです。
データを分析する意味は、3つしかないと。
──たった3つですか?
分ける、集める、比較する。これしかありません。
反対に、僕はどういう「比較」をするために、どう「分け」て、どう「集める」かの仕立てができていないデータ分析が大嫌いなんですよ。
時間の無駄だから。

https://newspicks.com/news/5948738/body?utm_campaign=np_urlshare&invoker=np_urlshare_uid100772&utm_medium=urlshare&utm_source=newspicks
めちゃいい話。しびれた。さすが。

書いてあるとおり、どうしてもKPIの延長線で考えがち。そうすると打ち手も縮こまったものしか出てこない。

私はよく、意図的に、どうしたら10倍にできるかなーってことを考えますが、いや100倍だったか、、!
記事の内容は皆さんがコメントされているように素晴らしかったです。大変勉強になりました。一つ一つのキーワードが大変によく考え抜かれており、これを読むだけで事業の見え方が変わってくるだろうと思います。

しかし、取材の方向性として、出木場さんにこういうことを語ってもらうよりも、むしろ、このような考えをどうCEOとしてグループの変革に展開していくのか、という事について語っていただきたかったです。

なぜならば、出木場さんはまさにインディードを含む、大きな事業環境の変化を自ら作り出し、そのことでグループのメディア事業を大きく転換させる役割を担っているからです。つまり、社長の仕事についてむしろ聞きたいです。
この記事内容は、リクルートの方々ならグループ会社の社長さんや事業部門長でも十分に語れる内容ではないかと思われるのですが、どうなのでしょうか。もちろん言葉のエッジの鋭さは出木場さんならではですが。
この連載について
消費者の動向が変わり、DXやAIの進展などにより販売チャネルも多様化、データ活用も最高潮に達し、マーケティングの重要性が増している。だが実のところ、マーケティング部門がまとめたデータや示唆が商品開発に活かされない。営業はマーケティング部門が唱えた施策を無視するといった分断現象は、随所で見られる。今こそ、商品開発や営業、人事など非マーケティング部門の人も、マーケティング思考を身につけるべきなのではないか。企業トップのインタビューや豊富な実例か、識者の意見などから、誰しもが意識すべき本物の顧客思考やデータスキルについて提示する。
株式会社リクルートホールディングス(英語: Recruit Holdings Co.,Ltd.)は、求人広告、人材派遣、販売促進などのサービスを手掛けるリクルートグループの持株会社である。江副浩正によって創立された。 ウィキペディア
時価総額
9.7 兆円

業績