新着Pick
330Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
世界中のニュースを見ていて感じる日本の違和感、それは
「なぜここまで酒のニュースばかり報道するのか」

報道自体が酒に呑まれていませんかね?

日本人って無類の酒好きなのか?と思ってしまうくらい、酒、酒、酒、ですね、、、


世界でも飲食店は営業できない、店内で食事禁止などはあります。そこでの報道はそれに対する補助金の話、法規制の緩和による路上スペースの飲食店用への開放など、建設的なものばかり。

7時の根拠などを繰り返す日本のニュース、海外と比較してみてみると正直かなり稚拙に映ることもあります。

飲食店の方はもちろん大変で、それは否定しません。
しかし、コロナにおいて世界ではもっと様々な変化が起こりまくっています。

学校教育におけるオンラインの影響や賛否、オフィスワークの是非やそのメリデメ、ワクチン普及に関する進捗や普及に向けた課題など。

世界ではコロナ後の社会にとって必要なトピックをちゃんと優先度を考慮して報道しています。

世界のニュース、ぜひ現地報道をたくさん見てみましょう。
そして、この流通する情報の質という観点から日本のそれを改めて眺めてみるといいと思います。
緊急事態宣言は解除されましたが、国内の感染状況は決して楽観視できる状況ではありません。五輪の開催地となる東京都は、16日現在、5つの指標のうち4つでステージ3(感染急増段階)です。

5月には西村経済産業相が、宣言の解除基準を問われ、「ステージ2を目指す」と述べ、分科会の尾身会長も、ステージ2での解除が望ましいと語っていました。
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20210509-OYT1T50110/
変異株の脅威がある中、この状況での解除は時期尚早ではないでしょうか。

提言を出した専門家有志の記者会見で、記事で紹介しなかった内容の中で最も印象的だったのは、五輪が有観客で行われた場合、「感染対策に一生懸命協力している一般市民にとって矛盾したメッセージになり、感染協力を得られにくくなる」という指摘でした。

昨年のGoToキャンペーンを振り返れば、納得できる指摘です。

五輪という大きな祭典と感染対策を両立し、リバウンドを抑えることができるのか。難しい挑戦だと思いますが、開催を決めた政府と東京都、組織委には、最大限の対策と、できる限り「矛盾」しないメッセージを発する努力をしてほしいです。
一連の報道やSNSの状況につき違和感を覚えています。
他のほとんどの国では、日本のようにここまで飲食店規制、なかんずくこの酒類提供規制についての報道や発言は多くありません。

世界いずれの国においてもほぼ例外なくロックダウンといえば外食は厳しく規制され、例えばシンガポールでも感染者数が1日で一桁ないし2けたの小さいほうしか出ていないものの、いかなる外食も全面禁止が続きようやく本日から一部解禁となりました。ちなみに日本と同じ2名飲食のみで、アルコールは時間制限付きです。偶然の一致でしょうか。

もっとも禁止ではなく自粛要請という単語として矛盾していること、すなわち他国と違い「言ってもしゃあない」わけでは必ずしも無いことが理由のひとつなのでしょう。その意味でかえって精神衛生的に良く無いな、とは前から感じていました。

まあ元来東アジア人のお酒好きは世界では知られたたころで、私も他人の事は言えたギリではないですが笑、別の見方もご参考までにという事で。
緩和ですが飲食業にとって酒類19時までは夜の業態では成り立ちません。一般的な収支モデルなら通常比△15%辺りで赤字ですが時間的にそれ以上落ち込むので。1年以上自由を奪われるのは雇用維持の点でも大変です。
もちろん、誰も先行きなんて分かりませんが、このままいくと冬は感染爆発が起こるでしょうから(そもそも風邪が流行るシーズンですし)、そうするとまた忘年会や新年会などの飲食店の稼ぎ時が時短要請+酒類の定期自粛(人数制限)が求められて、飲食店として明るい期待が持てないようになるのでは、と思います。

ワクチン接種が進んでも『変異種が』と報道が続く未来をどうしても想像しちゃいます。
まず、まん延防止に切り替えたところで緊急事態宣言と効力はそこまで変わらない気がしております。もはやマンネリ化もいいとこ。動きが変わるのはワクチン接種と変異種の影響でしょう。これらは予測が難しいので、政府やメディアはワクチン接種を呼びかけつつ、これまで通り自粛要請を継続するしか道は無さそうです。。
本当に禁酒令は有効だったのか。
これにより人流は抑制されたかもしれない。
だが、その分飲食業を中心とする酒関連業界は今まで以上に経済的打撃を受けている。
その一方で「緩和」という名の下、
補償はどんどん減ってきている。(今までの補償も未納)
今後もオリンピックの影響で感染者が増える可能性が高い。
そうなるとループ状態に。
より一層キャッシュアウトする企業が増えそう。
本当に禁酒令は有効だったのか。
机上の人流シミュレーションによるリスク懸念も、本日をもって制約はあれど堂々と酒が呑めるという経済社会的ベネフィットの前には霞みます。再開おめでとうございます。

さいきんは飲食店ばかりが槍玉に挙げられていますが、交通事故による死者数はコロナ禍で顕著に増加しているのに、不要不急の趣味のドライブにはなぜこうも寛容なのでしょう?
そもそも酒が悪いのではなく、「酒類提供時間」を制限するより、「人数制限」をした方がより有効と思います。

密度を下げるために、一律的に営業「時間」を短縮させるのではなく、お店の人数制限(例えば、50%以下厳守)をしっかり行えば営業時間を短縮させなくてもいいのではないかと考えます。
人数を1人から2人まで、グループにつき90分はわかるけど、19時までにどんな今があるかまったくわからん。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。