新着Pick
128Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
「ダイニングにおけるSDGs」を考える中でフードロスを大きな課題としているところで売り切れもありかもしれないというのはホテルらしからぬ考え方だと思います。
人気 Picker
飲食店の食品ロス削減のためには、食材や料理法の工夫で極限まで可食部を増やすこと、過剰な仕入や調理提供を行わないことが重要です。
帝国ホテルも日本を代表するホテルとして、両面からのアプローチに励むようですね。

コンビニの恵方巻きやクリスマスケーキも、食品ロス削減の視点から、近年予約販売へ移行しつつあります。どうしても食べたいものは予約するという文化の受容が拡大しつつあると感じています。

また、ホテル業界ではドギーバッグ(余り物持ち帰り)の普及も課題だと思います。(某ホテルのアフタヌーンティーの茶菓子が多かったので、持ち帰りできないか聞いたところ、断られたという話を聞いたばかり。)
『人気のバイキングレストラン「インペリアルバイキング サール」を、コロナ禍を機に、オーダー式のバイキングスタイルに変えたことだ。・・・これでフードロスが劇的に減ったという。』
バイキングがお客様に提供してきた価値を保ちつつフードロスを削減するには、など非常に興味深い記事です。
フードロスを示すことで、生活者にある意味、新しい価値を教育しているように見える。SDGsを通して私たちの意識や行動が正しいか問いかけるこういった取り組みは本当に大事。
フード業界以外でも生活者に問いかけたい問いはあるはずだから、そこを念頭にし、日本人を、そして日本を、世界を変えるしかない。
帝国ホテル(ていこくホテル、英称:Imperial Hotel)は、東京都千代田区内幸町にあるホテルである。運営者は、株式会社帝国ホテル。東京の他に、大阪、上高地にある。 ウィキペディア
時価総額
1,092 億円

業績