新着Pick
153Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
マイナンバーカードの交付率は30%超えてきました。GoogleIDであるGmailのユニーク数はわかりませんが、そろそろ抜くんじゃないでしょうか。単純に使いやすいかどうか、だけですよね。
Googleを信用して、国を信用していないだけではなく、深く考えていないので、便利かどうかだけです。
マイナンバーには結構恩恵を受けています。コンビニで住民票を始め各種書類を出力できるし、税金関係も楽。

たまたまグーグルの話が出てきたので、最近思ったことを。YouTubeではつい最近方針変更があり、
「税務情報をご提出いただけなかった場合、(すべて米国で視聴された、すなわち米国で売上があったとみなし)クリエイター様の全世界における収益合計の最大 24% が、Google により控除される場合が」あるというふうに仕組みが変わりました。なお、カッコ内は私の補足です。

日本のYoutuberは日米で租税条約を締結しているのでマイナンバーを登録するだけで事なきを得たのですが、もしマイナンバーがなかった場合、どうしていたでしょうね?


Google への米国の税務情報の提出
https://support.google.com/youtube/answer/10390801?hl=ja
マイナンバー制が浸透しているノルウェーでは、例えば確定申告のフォームはすでに個人情報が記入されて届きます(もちろんデジタルですが)。私のように普通に組織で働き収入を得ている者は、収入がいくらとか全て把握されており、また住宅や車のローンがいくらあって、銀行口座にいくら預金してあって、利子の支払いはいくらで、自宅の市場価値はいくら位で、控除はいくらで、今年払った分はこれだけなので、今年の税金支払い額はいくらです、正しかったら支払い、もし正しくなければ直して提出してください、という通知が来ます。別に脱税とかしていないので、特に困ったことやトラブルなどはありませんし、こういうシステムによって公共サービスがものすごくスムーズに受けられます。しかし、このシステムはすごく便利だけれどアメリカでは無理だな、とアメリカから引っ越した当初感じました。日本でも、ここまで行政に把握されることに抵抗を感じる方も多いかもしれません。しかし、色々なベネフィットがあるのも事実なので、なんとなく気持ち悪い、などで終わらせず、北欧やエストニアなども参考にしつつ、日本に合ったシステムの形をキチンとエビデンスベースで議論すべきと思います。
記事を読むと、国家を信じられない国民はいかがなものか?という考えが見えるのだけど、べつにそういうわけではないような気がします。
個人情報預ける気満々なアーリーアダプターはたくさんいるんだけど、利便性が低いからレイトマジョリティなどに広まらないだけなのでは。普通にGoogleアカウントのように1つのIDで様々なサービスをサクッと利用できる状態になればめちゃくちゃ広まると思います。
まぁ確定申告とかしてる人にとってはすでにめちゃくちゃ便利なんですけどね。スマホとマイナンバーカードあれば自宅で確定申告できます(宣伝)。
国を信頼できないとかではなく、単に馬鹿なだけな気もする。LINEが中国にデータ保管してるだけでもあれだけ騒ぐ。「個人情報」って言われると収集を異様に嫌う割に、ブラウジングの履歴もメールも好きに覗かせる。リテラシーが低いだけ。
良記事。

マイナンバーがまともに使えていたら、コロナ禍での給付金やワクチン予約は爆速で終わっていたはず(現に給付金はマイナンバーカード経由でだしたら2週間で着金)。大衆は、感情論だけ、マスコミの雰囲気だけでの安易な反対が、いかに非効率を生むか理解して欲しい

> 監視されるツールではなく、国家を監視するツールとして捉えるべき