新着Pick
115Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
結婚式を中止あるいは延期した人の損失に加え、この1年間出会いの機会が失われ恋愛することすらままならない時期が続き、恋愛をしていた人たちも結婚に踏み切るタイミングを失ったことで、恐らく今年から来年にかけてのブライダル需要は引き続き重たい。
また出会いの減少に加え、コロナ禍での収入減や就業への不安から、結婚を躊躇するカップルも多い。
婚姻届を出したとしても、大きな出費になる結婚式や披露宴を、開催が不確実な中で執り行う人数は確実に減る。
ので、ブライダルは厳しい状況が続く。
とにかくワクチン接種が全国民に行き届くことが大事。
こういう時期にブライダル事業のM&Aも活発に。
良い案件ならチャンスです。
大変よね。ただこの業界って無駄が多い(値引きとかの概念が無い、お祝いにかこつけて高い費用取れば良いという)から、断捨離にはなったのでは。
凄い規模😅
ブライダル、葬儀屋はロクに付加価値も出さずに、慶弔時で火事場泥棒的にカネを取っていくクソ業界だと思います。
イノベーションは必須だし、早く淘汰が進んで欲しい
株式会社リクルートホールディングス(英語: Recruit Holdings Co.,Ltd.)は、求人広告、人材派遣、販売促進などのサービスを手掛けるリクルートグループの持株会社である。江副浩正によって創立された。 ウィキペディア
時価総額
9.9 兆円

業績