新着Pick
805Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
究極的には問題はガバナンスではなく業績をきちんと上げられるかどうかなので、経営トップがアクティビストなどにおろおろして本来経営に使うべき時間・資源を小手先の対策(や隠ぺい!)に費やしているとすれば本末転倒と感じます。アクティビストの言うとおりにすればいいなら経営者はいらないので、正々堂々と自分たちのバリューを発揮して結果を出せばいいと思うのですが。
東芝問題のアウトルックが中学生にもわかる伝え方。
NPのこのインフォグラフィックによる今更聞けない(とは書いてないが)シリーズを見るたび新聞にはないビジュアライズとストーリ仕立ての大切さを感じる。漫画や紙芝居の技巧。
ここ数年、我々コンサルティング会社もアクティビストさんとのお仕事も増えてきています
アクティビストも単にBSだけを見て遊休資産売却や増配などの株主還元を要求するだけでなく、しっかりと事業内容を理解した上で(コンサルティング会社も活用しながら)建設的な提案をするケースが増えてきているということですし、企業側も建設的な提案であれば活用していこうという姿勢の会社も出てきているのが大きな変化と感じます
もちろん、数が増えればそれだけ色々なアクティビストが出てくるということであり、しっかりしたところとそうでないところの差が大きくなっていく中で、企業側も「アクティビスト」と一括りにするのではなく、「この投資家とは耳が痛いことも言ってくるけど二人三脚で企業価値向上をしていきたい」という投資家をきちんと選別して付き合っていくことが重要なんだと思います
そのあたりは、みさき投資中神さんの「三位一体の経営」という本に詳しいのでオススメしておきます
https://www.amazon.co.jp/dp/B08K8BR71W/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1
アクティビストといっても、ざっくり2種類ある。記事に主に出ているような事例・要求を強く提案していくタイプと、企業に建設的に提案をしていくタイプ(Constructive Activism)。
何かを提案をしていく、さらには決めさせるということは、投資だろうが社内の話だろうが、対立が起こることがほとんどで、なんというか胆力を要するもの。大変だから上手くいけば投資としてのリターンもあるが、うまくいかないリスクもレピュテーション含めて多い。
ガバナンス課題や株主還元が少ないといった事象が一緒だったとしても、会社がその行動を起こしやすいような働きかけをしていくことが建設的なアクティビストでは多い。外圧もキッカケや追い風にして、会社自身の変化として掲げられ、変化をするから株主全体の信認を強められるのが一種理想的なアクティビズムケース(下記のValueActのMSの事例など)。ただもちろん資金を受託しているわけで、時に強く働きかけをしていくことも辞さないが…
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO68336970Q1A120C2000000

なお、どちらの戦略が良い悪いというのはないと思う。そもそも投資家も投機家も同様で、多様な考え方があるから市場に売買が生じ、価格発見機能として成立する。
好き嫌いはあれど、突っ込まれないように事前に整備をしたり、実績を作っていくことが、上場している以上、経営として求められること。それが社内の対立を生むことがある場合は、うまく利用することも、経営者として重要なこと。
例えばオリンパスのカメラExitは、伝統的な事業という社内のしがらみを、投資家に対して持続する意義を説明できないという外圧も利用しながら変えていった部分も、現実としてはあるのではないかと思っている(別に何か公知の情報以外を知っているわけではないが、社内で決着をつけにくい課題についての解決方法の一つ)。
株主は、もの言うのが権利でもあり義務。日本の企業は、かつての総会屋と一緒にしているのでは?そして、企業の総務部などと総会屋が癒着する。

プロピッカーにも、3Dポイントや、エフィッシモを入れて、発信してもらえばいいのに。
会って会話もしたことのない方が、二次情報で議論しすぎ。これは、かって、私のヘッジファンド時代もそうだった。
平和不動産が東証からの天下りを受け入れいるってのが一番良かった(笑)

まあ、東芝がダメダメな会社なのは充分理解してますが、原発事業や産業インフラを担っている企業でもあります。アクティビストに金儲けの道具にされるのを危惧する経営陣、経産省の気持ちも分からなくもないです。
大変分かりやすくまとめられた記事です。

いつも思いますが、株主である以上、会社の経営に関わる権利があり、「物言う」ことは当たり前のことです。
所有株式の分の議決権があるので、その分を行使すれば良いだけの話です。
とてもわかりやすい。
このスタイル、めちゃくちゃ読みやすい。
マンガとまではいかないまでも、インプットできる情報の種類のバランスがとても良くて大好きです。

一瞬「なんで荒波に梅干し?」って思ったけど、すぐにクチビルだとわかりました笑
わかりやすくおもしろい!
この連載について
ビジネスの話題に関するNewsPicksオリジナルのインタビューやレポート
株式会社東芝(とうしば、英語: TOSHIBA CORPORATION)は、日本の大手電機メーカーであり、東芝グループの中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
2.14 兆円

業績