新着Pick

中高生向け「LINE」相談 1.5倍に増加 コロナで不安増か 東京都

NHKニュース
【NHK】東京都が設けている中高生向けの「LINE」の相談窓口に昨年度1年間に寄せられた相談は、前の年のおよそ1.5倍の4200件…
28Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
LINEは「誰にも言えないことを相談する中高生」には、手軽でハードルが低いと思います。今まで相談できないでいた中高生達がアクセスしたことによる増加も考えられますが、コロナ禍で家庭にいる時間が長くなり「家族間での問題」も多くなっていると感じます。いずれにしてもこのような機関があることは助けになりますが、真の助けになることを願います。
人気 Picker
昔いじめられていた時に、大人たちは「声を出す勇気を」「教えてくれないとわからないよ」と言われたことがあったが、自分から言い出す事ができる強さがないから自分に抱え込んでしまうのです。

「コロナで増えた」と結論づけるのか「相談しやすくなった」のかはわかりませんが、いずれにしろこうやって相談のハードルが下がっている事は素晴らしい事です。

ここからどうやって相談員が社会福祉士や各種関係機関と連携してサポートできるのかは重要ですね。
LINE相談は相談に対する心理的負荷を下げる点で、特に若い人を中心に広がってきていると思います。ですのでコロナで問題の質や量が変化したとは単純には結論づけにくいところがあります。一方で相談できるようなつながりや駆け込み場のような役割を果たしてきたところがコロナ禍で機能しづらくなっていることはあると思います。
また、相談が増えるということは相談の受け手の対応力も求められることになります。
「SNSカウンセリング・ケースブック:事例で学ぶ支援の方法」誠信書房 (2020)は具体例が掲載されておりますので、参考書として挙げておきます。

業績

新着記事一覧
ウイルスを含む微生物は至るところにいるが、恐れなくていい理由
ライフハッカー[日本版]
2Picks

「仕事上手の共通点」三流は妥協し、二流は論破したがる、では一流は? - 努力はもちろん大切だけど
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
2Picks

メンタルの弱っている人を救い出すためにカリスマ精神科医が使う"ある質問" - 「私」という存在を蘇生させる言葉
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
2Picks

ストレスが増えた2020年、意欲的な労働が心の安定に
Forbes JAPAN
4Picks

「BTSの誰が好き?」全く興味のない質問に対する"最強の切り返しフレーズ" - "できる人"だけが出せる感じの良さ
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
2Picks

坂村健氏が斬る、失敗するDXと成功するDXを分けるもの ゼロリスク信仰を盾にデジタル化を拒む日本は変われるか
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
4Picks

広がるスポーツの地域格差「アンフェアな甲子園」が証明するモノ
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
3Picks

「10歳で英検2級に合格した公立の男子小学生」の親がしていた意外なこと - 才能が伸びる!本当の子育て
Diamond Online
2Picks

コンビニ店員にキレる日本人に絶対足りない感性、「贈与」のススメ - ビジネスを強くする教養
Diamond Online
2Picks

ひろゆきの教え「偏った考えを押し付ける人は、スルーしましょう」 - 1%の努力
Diamond Online
2Picks