新着Pick
The Wall Street Journal
米スポーツ用品大手ナイキが5年前の謎めいたプロトタイプ発表でマラソン界に放ったシューズテクノロジーの革命は、競技場へと広がっている。ナイキや他ブランドの「スーパースパイク」を履いた選手たちが次々と記録を塗り替えているのだ。  新たな...

この記事は有料会員限定の記事となります。

13Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
顧客市場での競争もあるが、選手にとってはまさに人生を賭けての勝負なわけで自らが勝てるか。
スポーツ用品メーカーとしては、賭ける思いを知っているからこそ、難しい選択。
『「競合製品を着用して競技することを許可するというブルックスの苦渋の決断に本当に感謝している」とウィン選手は語る。』
『アンダーアーマーは独自のバージョンを擁護し、強硬路線を取っている。同社と契約するアスリートが競合のスパイクを着用すれば契約違反になり、「契約停止を含むがそれにとどまらない」結果を招く可能性があるという。』
ナイキにいたころ、契約とか商品提供もしてないのに着用してる選手がいる、みたいなことはあった記憶があります(フットウエアの部署ではなかったので別のプロダクトについてですが)。

陸上の場合は、フットウエアは競技の中でも大きく占める部分ですので、契約してるブランドとどう折り合いつけるか、競技での成績で露出も変わるし、少なからず相談の余地が出てくるのかもしれません。
ナイキ(Nike, Inc.)は、アメリカ合衆国・オレゴン州に本社を置くスニーカーやスポーツウェアなどスポーツ関連商品を扱う世界的企業。設立は1968年。ニューヨーク証券取引所に上場。 ウィキペディア
時価総額
28.6 兆円

業績