新着Pick
174Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
地球上が何もかも同じ条件の金太郎飴世界だったら貿易は存在しませんが、そこには大きな偏りがあり、偏りの最たるものとして「資源」があり、皆、地域の特徴を活かしたり縛られながら戦略を立てている。

地政学にも繋がる内容ですね。

こうしたことを押さえているかどうかでニュースの読み方が大きく変わってしまうので、学校教育の中で扱った方がいいとすら思いました。
人気 Picker
『経済は地理から学べ!』、発行してからもう4年が経つのですが、今でも継続して売れています。大変、ありがたいです。

地理を学べば◯◯が分かる!
とたいそうなことを言いたいのではなく、現代世界に対する「ひとつの見方」を増やすことができるという意味でも学ぶ意義があると思っています。そして地理と歴史は自動車の両輪のようなものなので、どちらも学ぶ必要があります。

今月末には次回作の『経済は統計から学べ!』が発行されます。
「印象ではなく、事実で語る」、そんなコンセプトの本です。
戦国時代が好きな人が多いわけですから、こういった視点で地理や世界経済を教えたほうが食いつく学生は多そうですね。
ある意味、理数系も興味を持ちそうな内容ですし。