新着Pick
68Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
子供達にはレトロさを言葉で伝えるのが難しいですから、一度体験させたいです。
令和、平成、昭和と、時代をさかのぼり、この、レトロさにどこかなつかしさを感じたいですね。
落ち着いたらになりますが、世代を超えて祖父母から孫へと昭和の街を教える場所になるかもしれませんね。
人気 Picker
リニューアルした西武園ゆうえんちを取材しました。

小田急さんが箱根を盛り上げているように、
東武鉄道さんが日光・鬼怒川を盛り上げているように
改めて鉄道会社さんがおでかけ先を盛り上げて地域活性化する意味や意義を改めて感じる機会になりました。

交通の便が良くないからこそ、それを目的に足を運びたくなるコンテンツ作り、企画づくりが重要になります。

初速は成功だと思っていますので、
来場者がファンになりリピートし、
次のお客さんを連れていく良質な口コミが作れるか
が継続する上でポイントかなと思います。
これは、遊園地の話ではありますが、これからのまちづくりにも大変参考になる取り組み。そろそろ、「巣ごもり」のつぎの時代を考え始めないと地域の活性化はおぼつかない。人が動き始めてからのまちを魅力的にするにはどうしたら良いか?一つのヒントがこの取り組みの中にはあるような気がします。
リニューアル後はまだ行っていませんが、昭和レトロなアトラクションや行列するグルメではなく、子供の頃のあのベタな遊園地をまんま再現してくれた方が真の昭和感だったようには感じます。