新着Pick
3Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
IBM Institute for Business Value(IBV)の調査
「ジェンダー・インクルージョン施策の危機-善意は必要だが十分ではない」の日本語版もリリースされております。

https://www.ibm.com/downloads/cas/1JBAOYAK

世界中の企業の70パーセントはいまだにジェンダー・エクイティー(男女間における不平等解消を目指す取り組み)を最優先事項としていないという調査結果が出ています。
企業の財務指標において、Diversity、Inclusion、Equityとどれをとってもプラスに働くということは証明されている一方で、現状はコロナ禍の影響もあり、進捗がよくない状況です。
日本はすでにジェンダーギャップ指数が120位でしたので、この数値の現実を理解し、より真剣に取り組まねばならないと感じております。