新着Pick
183Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「プログラムやアルゴリズム」というソフト面だけでなく、「回路や素子」といったハード面においても、コンピュータを脳に近づけようという試みの研究です。

攻殻機動隊という、多くの若いニューロサイエンティストに影響を与えたアニメーションには「脳の全てを模倣できるならば、魂(ゴースト)はコピーできるのか?」という主題がありましたが、こうして脳とAIがソフト・ハード面で近づけば近づくほど、「どうしてもコピーできない部分」が浮き彫りになるのかもしれません。
過去、現在、そして未来へのAI開発の過程を垣間見る事の出来る記事であるのと、毎日、未来への研究を行なってこられた研究者の方々の弛まぬ努力と熱意が今になっていると確信しています。

週末にサロンで専門家の方が、今後ロジカルシンキングはAIにとってかわる、それはビジネスにおいても然りで、との事。これから人類はますますクリエイティブシンキングが必要というかそうでないと行き場を失う可能性もある中、リベラル・アーツや自然科学の知見などもより必要となるのかなと思いました。
松本元先生に言及するコメントがないですね.知らないか.残念.
シナプス素子なんていうものがあるのですね。脳の機能を真似た脳型コンピューター、面白い。