新着Pick
399Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
一連のSPAC連載の締めとしてとても勉強になる記事でした
IPOは高いが、SPACも高い。なのでハイプサイクル的には「過度な期待」が過ぎて「幻滅期」に入っているが、SPAC同士も競争してコストが下がり、徐々に浸透していくのでは、という見立て
加えて一連の連載でもいくつかコメントがありましたが、「SPAC上場した」という事実が、「IPO出来ないからSPACだったのね」というネガティブなブランディングにつながってしまうのか、市民権を得ていくのかはしばらくしないと分からない、ということなんでしょうね
良い特集ありがとうございました!
人気 Picker
SPACに関する詳細な情報はあまりに少なく、まずは山本記者と2人でリッター教授らの論文を読み込むことから本特集の取材は始まりました。

「SPACs」Gahng, Ritter, and Zhang (2021)
https://site.warrington.ufl.edu/ritter/files/SPACs.pdf

そのあまりの難しさに悶絶しましたが、SPACのスポンサーや上場を果たした人々、実務家や研究者たちの話を聞いていくうちに、ようやく何が起きていたのか解像度が上がった気がします。

さて、最終回はそんなリッター教授のコンパクトな授業を3分でお届けします。SPACブームとは何だったのか。今振り返っておくことで、未来が予想できそうです。
SPAC特集の5日目は、IPO研究の世界的権威、フロリダ大学のジェイ・リッター教授に「SPACブームが起きた理由とSPACの進化」。そして、「SPACを含めた上場のいま、これから」についてわかりやすく解説していただきました。

SPACブームが起きたことで、何がどう変わるのだろうか。

それを知るためにも、2020年のアメリカで何が起きていたのか。「SPACブーム」をはじめ、IPOシーンで起きていたこととは何か。その背景にあるのはなどのような構造なのか、をわかりやすく解説していただきました。

日本でのSPAC解禁議論にあたり、1日目のインフォグラフィックと共に読んでいただきたい記事です。

また、今回の取材にあたり、ジェイ・リッター教授のHPで公開されていた、共著論文「SPACs」をDeep Lを駆使して読みましたが、とても充実したデータが掲載されており、読み応えがありました。
これは必読。
全5回の中で、もっとも本質的な議論がなされています。

私は日本においてSPACを進めることは大反対です。
しかし、それはSPACの仕組みが悪いからではなく、日本の金融行政がいけてないからです。

私はダイレクトリスティングや種類株式を実質的に認める方が先だと思います。できる企業がいるかはともかく、あるべき論として。
ちょうど、今シカゴにきていて良いタイミングでシカゴ大学のカプラン教授とこの内容についても話をしたところでした。彼の意見でもSPACの二重コストの問題は長期的には何らかの解消の方向に動いていくだろうし、バブル的な動きも一時的なもので、長期的には一つの上場のオプションとしてのポジションに落ち着いていくのではという見方をしているようです。

上場の世界もいろいろ革新や変化が起こっているのはおっしゃる通りだと思います。SPACに関する議論はダイレクトリスティング、通常IPOも含めたた全体の変化とあわせての議論が必要ですね。
記事の上場コストの比較の図と、下記の言葉が印象的。
上場コストについて、結局誰から誰への利益移転がどれだけ起こるのかが全て。IPOだと基本的には企業→証券会社・投資家への移転。SPACだと投資家→SPACスポンサーなどへの移転。
そのなかで、本特集の中でも2回目で2号ファンドではワラントを減らした事例もあったが、それは下記のような交渉力の変化や、一般的になる中での進化ともいえる。

『企業にしてみれば、こうしてコストが下がっていこうとしているわけですね。SPACの数も増えているので、合併の際に、企業側の交渉力が高まってきているとも言えます。
注目すべきは、これらの進化は市場が考え出したことであり、規制当局が強制したわけではないということです。』
ワラントゼロでのSPAC上場が増えそうです。SECの指導もあり、SPACの会計処理でワラントを負債にしなければならなくなりました。

しかし、スポンサーはわずか2.5万ドルで買収先の株式の20%をもらえるというボーナスがあります。今後は、2020年のような熱狂はありませんが、IPOを下支えするくらいのSPAC上場は続くのではないでしょうか。欧州では、少しずつですが増えているようです。
この記事を読むことで、手数料7%のコストが気になり、ここを節約し、さらにIPOディスカウントを避け、さらに既存株主のロックアップ期間の発生を回避しようとすると、まさにダイレクト・リスティングのメリットが出てきますね。
おおお
最終日にはしっかりと現時点でのデメリットに言及していて、とても良いですね。
現時点でデメリットがあるとはいえ、既に民主的に改善に向かっているのは素晴らしいです。
SPACの動きが影響して既存のIPOも改善に向かっているという、理想の動き。
>>「これらの進化は市場が考え出したことであり、規制当局が強制したわけではないということです。物事は完璧にはいかないものですが、うまくいかないときには、人々はより効率的な新しい方法を考え出すものです。」
コストが安いと思ってSPACを選んだ筈なのに、実際はIPOよりコストが高いとは。
結局、今まではク○会社を上場させて金儲けのする為のスキームだった訳ですね。

>実はSPACとの合併コストは、従来のIPOよりも平均して高いことが分かってきました。