新着Pick
616Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
SPAC特集の2日目は、米国にいる「SPACのつくり手」へのインタビューです。

現在、アクティブなSPACの数は846件。IPOし、買収先を探しているSPACは421件にも上ります(2021年5月31日時点)。

こうした過熱しているSPAC市場について、SPAC設立者(スポンサー)はどのように見ているのでしょうか。そもそもSPACにどんな可能性を見出しているのでしょうか。

Jay-Zやシアラ、セリーナ・ウイリアムズ、ポール・ライアンなどセレブたちの参画に注目が集まりがちなSPAC設立者たち。普段、メディアに出てこないため、あまり語られない、彼らの視点から、「SPAC」をみていければと思います。

彼らが語る、「SPAC3.0」とは何なのでしょうか。

シャキール・オニール、マーティン・ルーサー・キング3世、「元ディズニー幹部」のトーマス・スタッグス、ケビン・メイヤーが参画し、世界で最も“有名”と言われているSPACのCIO(チーフ・インベストメント・オフィサー)に、NewsPicks編集部で話を聞きました。
アメリカのIPOシーンを席巻するSPACブームですが、日本のニュースで取り上げられるのは、SPACを通じて上場する「企業たち」がほとんどです。

一方で注目すべき、もう一つの「主役」こそがSPACそのものでしょう。しかし、SPACの名前が取り上げられたり、創業者たちがメディアの前に顔を見せることもほぼありません。分かっているのは、アスリートから一流アーティストといったセレブたちすらも、「そうだ、SPACつくろう!」状態になっているということくらいでしょうか。

第2話は、アメリカで最も有名なSPACの1社への独占インタビュー。ディズニーマフィアとNBAスターが集結したSPAC創業物語です。かなりハイレベルなインタビューになったと自負しています。昨日の第1話を読み直してからだと、さらにスッと頭に入ってくるはずです。
昨日の話でもそうですが、SPACがもてはやされる背後には、現行のIPOのプロセスが古すぎるということが大きいと感じます。日本もSPACを認める、認めないという議論と並行してIPOプロセスの見直しをする必要があるのでは。
SPACのリスクは、2年間(+1年の猶予)で買収完了すべしという時限爆弾です。これだけSPACが増えると、買収先がなかなか見つからないということもある。その挙句、時限爆弾が爆発する前までに買収しようと、とんでもない会社を買収するところが出てくる恐れがあります。

すでにSPAC買収企業の株価が、SPAC上場価格(一般的には10ドル)を下回っているところもあります。成長性が見込めない危うい企業が株式市場にどんどん参入すると、市場が壊れてしまいます。

SPACはどのように進化するのでしょうか。あるいは時代の徒花として散っていくのでしょうか。
ワラントの毎四半期ごとの時価評価だと時間もコストもかかるということで、水面下では代替手段が検討されており、その一つがライツ・アグリーメント(投資家に一定の価格と期日で株式を購入する権利を与える株式契約のこと)も検討されています。

ただし、損失軽減条項や複雑な価格設定条件を削除したり、と色々条件を微調整したとしても、SPAC初期の頃のように、投資家を惹きつけるのを難しいだろうともいわれています。

業界関係者としては、ワラントに代わる新しい条件や何かを見つけることで、何とか1年前の輝いていたSPAC市場を再び、に期待しているようです。
日本では馴染まないと私は考えています。
日本にどう導入したいのか、進めている方と、反対している方と取材されることを希望します。

日本はIPOプロセスも米国と違いますし、何より投資に対する金融行政がぜんぜん違うと思っております。
最前線でSPACに携わっている方の生の声はありがたいですね。
理解が深まります。
2日間の記事を読む限りでは通常のIPOに課題があり、それを超える手段としてSPACに価値があるのだと理解できました。

記事を読む前はSPACは胡散臭い手法というイメージだったので、180°変わった印象になり驚きですが、逆にデメリット側(SPAC反対側)を深く掘り下げていただけるとありがたいです。
結局SPACは売上や利益の基準を満たしていない将来有望なハイグロース企業を従来のIPOを通さずに資金調達させるので、ベンチャーキャピタルの個人投資家への民主化のようなものですね。そう考えればなぜ20年も前からあったSPACが昨年からブームになったかが理解できます。
SPACの設立者がどのような人達なのかという情報はなかなか出ていない情報で非常に興味深い記事だと思います。

民主化というのは正しい理解で、仕組みの正しい理解と使い分けをしていかないと衆愚化が進んでしまう可能性もあるのかなと思います。このような記事で具体的な仕組みやプレーヤーについて理解が進んでいき良いExitオプションとして確立していくことを望みます。
早く日本でもSPACが実装されるべきという一人で、日本がこれから生きていく道の一つはどう考えても投資なんです。