新着Pick

「無意識の偏見」があのテレビCMの炎上を招いた

東洋経済オンライン
「無意識の偏見」(アンコンシャス・バイアス)は危うい--。企業のテレビCMやPR動画が、“炎上”する事例が増えている。ネットの普及もあって、視聴者の不快感に賛同・共感する、規模もスピードも増幅。またかと…
76Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
『炎上CMでよみとくジェンダー論』(光文社)という本を書いたのですが、こうした原稿依頼が増えました。『宣伝会議』7月号にも寄稿してます。出版から1年ですが、その後の案件もだいたい拙著で分類したパターンで説明できるように思います。
広告とは「広く告げる」ものであると同時に「告げて広める」もの。炎上という言葉が妥当とも思わないが、そもそも拡散もされないような広告は広告の役割を果たしていないし、やる必要もない。そして、炎上というが、炎上した企業が炎上広告だけによってイメージダウンして潰れたことがあるのだろうか?一部の界隈が己の不快で騒ぎ立てる自由はあっていい。しかし、それをさも全員の総意であるかのごとく、意識を統一化しようとすることをアップデートと呼ぶなら、それこそ全体主義なのではないか?
誰かを不快にする言葉も、誰かを救うこともある。