新着Pick
445Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
浅いな、間違っているし。
"フォックスコンが最初のiPhoneをつくる以前、彼らは電話をつくったことがありませんでした"
人気 Picker
SPAC特集の4日目は、SPACに買われた企業であり、SPACを通して上場した企業のCEO へのインタビューです。

ニコラ、ローズタウン・モーターズとネガティブなニュースが続く、SPAC上場したEV企業ですが、今回、フィスカーの創業者・会長・社長のヘンリック・フィスカーに話を聞きました。

2020年に、SPACを通してNYSEに上場し、2021年2月に、フォックスコン・テクノロジー・グループとEV製造で提携を発表すると、まだ売上高ゼロにもかかわらず、時価総額は80億ドル(約8720億円)を超えました。

かつて、テスラの競合とも言われていたEV企業のフィスカー・オートモーティブを創業、そして経営破綻させた過去を持つ、フィスカー氏。彼はどのようにSPACを通してカムバックをしようとしているのでしょうか。

SPACの登場人物の1人である、合併先企業の視点から、
なぜ、SPACを通した上場を選択したのか。どのように、合併するSPACを選んだのか。そして、上場したことによるメリットは何か。について答えてもらいました。

今回、NY在住ジャーナリストの肥田美佐子さんに取材いただきました。
ニコラもローズタウンも、技術的な問題はもちろんあったにしても、一番の問題はそのためにずるをしてしまったこと。Fiskerはフォックスコンがついているから大丈夫そうな気もしますが、そういえばニコラもGMと提携してましたね(のちに破棄されたかと)。「どんな芸術作品も、途中で見れば駄作だ」と言われますが、解決しなくてはならない課題はいろいろ出てくるでしょうから、お金が続くかどうか。苦しくなった時にSPACで上場したことが本当に良かったかどうかかがわかりそうな気がします。
なぜSPACなのか、が気になった。
最近はクロスオーバー投資といわれ、元々上場企業に投資していたファンドが非上場企業に投資するケースが増えている。上場企業投資はスタートアップ投資と比べて巨額だが、この動きがあるので、非上場でも巨額の資金を調達できるようになってきている。長期の未来への投資や調達にかかる時間軸など、比較すべきは伝統的なIPOより非上場で巨額調達をなぜ選ばなかったのか、という点かと思い、それが気になった。

巨額の研究開発費が長期でかかる、リアルテック(ディープテック)でのイノベーションは難しい。一種、そこが大企業が稼ぎまくって、失敗もしながら次の芽を育ててきた領域。ただそれも最近はこういうスタートアップにシフトしている。
専業特化して、一種狂った組織がやるから突破できる側面もある(元々ハイリスクなのだから、狂ったようにやらなければそもそも成功しない領域と思っている)。でも、だからこそ堅実ではないし、夢を喧伝することで調達をしている側面は否めない。そして夢が実現できればリターンが享受できるが、夢というレベルでの確率であることも現実。
また、自動車や電子機器について、技術が優れていれば勝てる領域でもない。技術は重要・前提だが、これまで多くの大企業含めた製品が「わが社の技術は違う、優れている」といって失敗してきたか。
ルーシッドはこないだ、フリーウェイで見かけた。多分テスト車両だったのだろうが、ああいうのが普通に今年から走り始めるとするならば、テスラとの差別化に各社苦しむのでは、とは確かに思う。
ニコラなどと違って透明性が高いというのは分かったが、実際のところ、透明性が高いかどうかも判断しづらいよねえ、外の投資家には。
また、テスラは既に高級車路線から軸足を移して大衆車路線の手前まで来ている。結局EVの車両価格の大半は電池であり、モーターなのだから、モデル3で一定以上の台数が出ているテスラの優位性がこうした会社に脅かされるのか?という疑問がある。
売上が無い段階では、他とは違うと言っても説得力が無いと思う。

売上が出る頃には、他も同列になり、違うところはどこ?
そんな感じになってしまわないか。
失敗した経験があるからこそでしょう、デザイナーでありながら経済合理性についてちゃんと考えている。グローバルなメンテナンス体制についても考えているはず。

デビューした頃のiPhoneのような画期的なモノになるとのこと。車という概念をどう破壊し、新たな価値を創造しているのか、楽しみです。
テスラの強みは車本体だけでなく充電、保守、関連サービスを含めたトータルなインフラにあり中々簡単に追いつけない競争相手だと思います。

その中でSPACを利用して資金を早めに調達し急成長を目指すのは一つの戦略のように思えますがSPACの一つの考慮点である高いバリュエーションをつけることは可能であるも新規に株式発行し機関投資家にある程度のボリュームを引き受けてもらえる通常のIPO上場と比べると必ずしも調達資金の量が多いとは限らないSPACが良いのかという疑問は残ります。

また上場は良いことばかりではなく上場後の情報開示コストを考えるとこれから多くの新たな開発を続けていかなければならず、競争優位性の確保を先行するテスラや既存の自動車メーカーと激しく続けていかなくてはいけないことを考えると慎重な考慮が必要なように思えます。
眉唾?
うちの会社は他とは違うって皆んな言ってます(笑)
2022年に生産開始なので、そもそも売上が経つのは2023年とかになるかもしれませんね。そんな会社が上場してカネを集めてしまう世界がちょっと怖いです。

>ただ、われわれには堅実な事業計画があります。他のSPAC上場企業とは違うんです。他の新興EVメーカーの時価総額と比べても、それほど高いとは思いません。
SPACを通じたIPOでは、長期の安定株主はできにくいとされていますが、株価も安定しているとのことで、ぜひこのまま業績も残して、成功例として名を残してもらいたいですね。
この連載について
アメリカのIPOシーンを席巻するSPACブーム。いまや従来のIPO数を超えた新しい上場手法は、何がイノベーティブなのか。その秘密に迫る。
時価総額
69.2 兆円

業績

時価総額
6.15 兆円

業績