新着Pick
282Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
>「現代アートは世界の縮図」
かは分かりませんが、どの業界もジェンダーについては似たような課題があるんだなぁ、と思いました。

特に以下

>ジェンダーや国籍などにかかわらずアイデンティティを最優先すると、作品のクオリティが二次的になるという問題もあります。

などは、ビジネスの世界でもいつも議論に挙がるポイントですが、「ジェンダーやエイジングという枠組みを起点にしつつ、中心にある芸術的な秀逸性が伝わることを重要視」というメッセージの出し方は、周囲に伝える時に良いのかも、と思いました。

「Gender equlityの観点から、積極的に登用しましたが、それは彼女に能力があるからです」というのは、ストレートで良いな、と。

「女性だから選んだのではない」というメッセージを躍起になって伝えようとするほど、歪む時もある、というか…


それにしても

>女性だけの展覧会は、女性がキュレーションすることがほとんどです

>アート界では白人男性の視点が優先される傾向にあり

という点についても、現状女性を引き上げてくれるのは(所謂スポンサーという存在)女性の役員である事が多かったり、高齢男性中心だったり、アート界はビジネス界とは違ってて欲しいなーと思ってたのですが、そうでもないのは意外というか…

資本主義に巻き込まれた時点でそうなるんですかね。


全然関係ないですけど、確かにフリーダ・カーロとかカミーユ・クローデルに関する書籍を読んでると、女性であることの苦しみ(社会的にというより、生物として?)が伝わってきて刺さります…
人気 Picker
「なぜ偉大な女性の芸術家はいなかったのか」という論文が、世に出たのが50年ほど前。そこからアート界における女性の存在は大きくなっていきました。それまで白人男性の視点から優れたとされるアートが世界のスタンダードでしたが、光が当たっていなかった女性アーティストの再評価が今の潮流になっているのです。

森美術館では、70歳以上の女性アーティストにスポットライトを当てた展覧会を開催しています。そのキュレーションを担当した同館の片岡館長にお話をお聞きしました。

真の多様性とは何か、人間の根源的なパワーとは何か。女性だけでなく、全ての立場の人にぜひ読んでいただきたい金言の数々でした。ぜひ、週末にご一読ください。
女性画家で思い浮かべるのは、アールデコで活躍したタマラ・ド・レンピッカと、メキシコのフリーダ・カーロです。性別や年齢を問わず、いい作品は感動やパワーを与えてくれますね。
緊急事態宣言前に3日だけ駆け込みオープンしていた時に展示に行ってきました。
(今は再オープンしているので再訪したいと思います!)

行って思ったのですが、アートの価値がわかるとか感じるとかいうのは、感覚というより、過去の歴史や文脈を学ぶことで培われるものも大きいと感じます。

自分自身も現代アートが好きなのですが、今までの自分の肌感覚だと発信者側としての作品手法や作家はダイバースで、問題意識はそこまでなかったのですが、改めてこの展示を見て自分の近視眼さというか、アンコンシャスバイアスを自己認識するきっかけになりました。

そういう意味では、まさにアナザーエナジー展。タイトルも秀逸ですね。
この連載について
カルチャーの話題に関するNewsPicksオリジナルのインタビューやレポート