新着Pick
101Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
Apple Watchの競合というよりARグラスのコントローラーとしてみた方が良い。FacebookはARグラスの覇権争いに向けて着々と!

Facebookは、写真や動画を撮影するための2基のカメラや心拍数モニターなどのヘルス機能を搭載するスマートウォッチの最初のバージョンを2022年夏に発売する計画
人気 Picker
ウェアラブルデバイスのヘルスケア領域への開発競争に、フェイスブックが加わるという報道です。この領域では、Apple社がアップルウォッチに心電図機能を加えるなど、積極的な攻勢にでていることが知られています。また、世界の各国では、Apple以外にも心電図が計測できるウェアラブルデバイスが販売されており、安価なものも出回っています。

この機能付加は、付加価値が高いことから、価格弾力性が低く(価格により「買う買わない」が判断されにくい)、一度使用されると長期安定使用(手放せない)が望めます。

心電図を測定する機会は、健康な方では定期健康診断くらいしかないと思いますが、そこでの測定時間も数十秒程度だと思います。不整な脈拍は必ずしも常時出ているわけではないので、長時間計測するほど検知できる可能性が高まります。特に、心房細動の病態に有効性が発揮できると思われます。この病態は珍しいものではありませんが、存在しているにもかかわらず気付かず放置すると起こりやすくなる「心因性脳梗塞」の発症、それに伴う後遺症(寝たきり)の抑制に、このようなデバイスは期待が持たれています。
記事の画像を見る限り、デザインよりも機能を優先したら広まらないと思います。
ウェアラブルデバイスを制する会社がヘルスケアサービスの核となると考えてます。
最終的にどのようなデザイン、機能になるのか楽しみですね。
過去に何回かコメントしていますが,Facebookはここ最近触覚の研究に注力しています.
https://newspicks.com/news/4103252
このコメントにも書きましたが,「手首や前腕に多様な触感を提示できるディスプレイ」についてかなり色んなバリエーションを研究していました.こういったスマートウォッチ型デバイスに搭載されるんでしょうかね.楽しみです.

携帯電話にカメラが載った当時,個人的には,そんな画素の粗いカメラで撮ってどうするの?と思って見ていたのですが,まぁそんな思いはあっという間に覆されました.スマートウォッチも今は時計と心拍計測,NFCによる支払いあたりの機能がメインですが,カメラや多様な情報通知の端末になっていくのか,気になるところ.
PHR(Personal Health Record)活用をするための道具がどんどんでてきます。パーソナルデータから得られる生体情報等をEHR(電子健康記録:Electronic Health Record)の医療情報データと掛け合わせることで、社会的健康を醸成できる世の中が実現できそうです。(あとは個人情報保護法等の法的問題と個人の意識改革の変化が重要要素)
Facebookがどのようなデバイスをつくるか興味がある一方、アップルをしのぐことはできないだろうなぁ〜という気持ちが強いです。

Googleのスマホは、1度ならず2度までも継ぎ目がパックリと割れてしまいました。

「餅は餅屋」、デバイスの性能ではそう簡単にアップルに追いつくことができないと思います。
腕にカメラつけてもブレブレでまともに撮影はできないだろうから、空間認識系なのかな?
Oculusもっと上手く使ってくれい、と。ザッカーバーグではデバイスを絡めた未来を描いてくれる期待がない。