新着Pick
156Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
大手町には元気で遅くまで働く人々が沢山いるので余っているのならば・・・という気がします。あとこの政策を提示しておいて「人流が増えた」はいくら何でも愚か過ぎないでしょうか。政策間の整合性くらいチェックして貰いたいです。
人気 Picker
大手町という場所の選定、地方自治体との連携不足、今になって企業、学校など色々なところで全体感なく、何しろ接種という感じですが、大手町に土地勘がない、遠いなどの高齢者がいくとは想像し難い。摂取券の配布などもタイミングがかなり?のようで、接種したい人がやりやすいような形になっていない。行き当たりばったりの対策だらけのように思われます。これでは接種証明書もどうなるのか?
リスクの高い高齢者に早く打たせたいというのはわかるが、全国に対象を広げてもわざわざ東京まで打ちに来る元気な高齢者は少ないのでは?対象年齢を早急に引き下げて、通勤で東京に来ている現役世代に早く順番を回して欲しい。

〉防衛省が9日に発表した午後5時時点の予約状況で、14~27日の接種分は東京会場で14万人の枠のうち11万7千人、大阪会場で7万人分に対し5万人の空きがある。予約開始から3日たって、なお8割が埋まっていない。
初期の目的は達したかもしれません。1都3県以外に予約を拡大した場合、やや長距離の移動が必要な高齢者が出てくると思います。大手町の会場に一層ヒトが集中することにもなり、人の流れの整理にも気をつかわなければなりません。この会場で2回目接種も始まるはずで、接種記録の確認・管理が大事になってきます。
いや、それならば、東京圏は全年齢層にワクチン接種を前倒しして欲しいです。
何故そこまで高齢者を優遇するのか理解出来ません。
最近、1回目接種が終わり、マスクなしで室内で平気でお喋りをする高齢者を見ると、呆れます。

接種管理は、マイナンバーカードを持っている人を対象にするならば、出来ると思うけど…

追記
本当に全国対応するならば、都市部ホテルが軒並み『ワクチンツアーの旅』を販売するに掛けます!
現状、都道府県境をなるべく超えるなとかなるべく東京へ来るなと言っていることと、完全に矛盾している。対象を全国にしたところで、地元でもワクチン接種が進んできているので、わざわざちょっと早く射つために大手町までたくさんの人が来るとも思えません。
どう考えても高齢者の枠を取っ払って、年齢制限を下げた方が良い。速く射ちたい人はたくさんいる。
接種券郵送システムがネックみたいですが、今が有事というならそれこそフレキシブルに動くべきで、有権者登録してある選挙投票のシステムをうまく使うとか、ほぼすべての人が持っている保険証をうまく使うとか、マイナンバーカード保持者限定でやるとかやりようはいくらでもある。
国会議員全員で丸一日それだけ考えれば、何かしらいいアイデア浮かぶと思うのですが。。
今後のことを考えてもそのくらいの価値のある事案ですよ、これは。。
11月末までにワクチン接種を希望する国民すべてにワクチン接種を完了するには、いまから1日平均約132万回射たなければ間に合いません。
そこまでにワクチン接種が進み、いわゆる集団免疫が獲得できれば、確実に昨年末と景色は変わるはずです。
以前と全く同じような大人数の忘年会は厳しいかもしれませんが、昨年末よりは確実に良い状況の飲食店の繁忙期、忘年会シーズンになるはずです。
きちんとしたエビデンスは結局まともには出ず、飲食店は完全に的になった感があります。都内も、緊急事態宣言やマンボウが出ていない地域も自粛の空気感が強く、未だに苦しい状況は変わりません。少しでも飲食店にむくいる想い、何とかしてあげたいという想いがあるなら、今、モタモタしている場合ではありません。
前からそうですが、もっと長期的視点を持ってください。
11月末、できればそれより速く集団免疫を獲得するかしないかは、特に飲食業界にとっては本当に重要になります。
本当によろしくお願いしますよ。。
ワクチン接種ツアーで米国に行く人もいるくらいですから、国内の接種ツアーだってあってもいいでしょう? 余裕があるなら手段を尽くしてドンドン進めれば良いと思います。兎にも角にも老若男女問わず接種率を高めることが一番です (^.^)/~~~フレ!
愚かな「思いつき」を止められないばかりに、どんどん、おかしな方向に進んでいく。人流、人流と、あれだけ言ってたのはなんなのか?
年齢の引き下げは現実的だと思います。早く接種券を準備するようにしたほうが良いと思います。(こういう時マイナンバーカードで管理できたら。。) その一方で、全国からというのは人の移動やコストを考えると非現実的ではないかと。
本末転倒でしょ。エリアごとにやらな感染が広がりますがな。
東京圏はさっさと接種対象年齢拡大しましょう。