新着Pick
3745Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
SPACのイロハから今のトレンドまで、すべてがわかるレポートです。

SPACが買収先として狙っているカテゴリーは、ヘルスケア関連とフィンテック。成長性が高いと期待されているからです。5月にはSoFiとBlue Owl CapitalがSPACに買収されて公開しています。フィンテックの買収先探しで、SPACが熾烈な戦いを繰り広げています。
人気 Picker
山本さんや池田さんのコメントにもあるように日本語ではなかなかSPACのことが分かりやすくまとまっている情報はなかったですが、今回のインフォグラフィックは成り立ちや今後がよく分かる大作ですね。

アメリカでは既存のIPOがある種の機能不全を抱えている部分があり、それに対する対抗策として、ダイレクトリスティングやSPACが生まれ/発展してきました。今後も上場に対するオプションは進化し続けていくでしょう。

日本でもSPAC解禁の動きがありますが、個人的にはそれ以前にやるべきことが数多くあると思います。結局SPACという手段だけ導入して、イノベーションエコシステムの発展という目的が達成されないという事態にならないことを願いたいですね。
「日本ではほとんど誰もSPACのことをよくわかっていない」という池田記者の発言がありましたが、
この記事を読めば、間違いなく「だいぶ知っている」人になれるのではないでしょうか。
SPACの仕組みやブームの背景にあった問題など、ここまで詳しく、わかりやすく解説されているものはないんじゃないかな、と思います。

SPACについては、空っぽの箱…としか説明できない程度のわたしでしたが、そんな自分でもわかるように、疑問をひとつひとつつぶしていきながら、丁寧にビジュアル化していきました!

すこしボリュームもあるので、いますぐ読むのが大変だという方は、保存用にPICKしていただき、お時間ある際にお読みいただけると嬉しいです!
アメリカでは4月に上場数が急減速したSPACですが、世界ではアメリカに自国企業を奪われまいと年内のSPAC解禁が迫る国が少なくありません。そして、日本でも成長戦略会議で解禁議論がスタートしています。

それにしても、昨年来の怒涛のSPACブームとは果たして何だったのか。取材をしてわかってきたのは、実は日本ではまだほとんど、「誰もSPACのことをよくわかっていない」ということです。

NewsPicksは、現地アメリカの主要なSPAC設立者、SPACを通じて上場した企業から、実務者、研究者たちを徹底取材しました。なぜ流行ったのか。背景にある構造問題はなにか。初日は、そんな疑問に答える「新しい上場の教科書」です。他のどこでも読めない内容になっているはずです。
取材協力させていただきました。流石てんこ盛りだがとても分かりやすくまとめていただきました。

私が特に取材で申し上げた部分は、2014年に未上場レイトステージ資金調達額がIPO調達額を超えて以降大きく伸び続け、これがこのままニューノーマルとして定着するのかと思われたところ、SPACブームの到来によって再逆転した、という論点です。

本稿を読めばお分かりの通り、SPACはある側面において未上場企業への投資ファンドにその性質が似ています。
一方で未上場レイトステージのユニコーン、デカコーンへの資金の出し手は従来の上場株のそれであるPE、ソブリン、年金らファンドなどが参入しもはや定着しきっています。
これをもって私は日ごろ「上場/未上場資本市場の境目の融解」と名付けています。
それはある意味ではマネーのデモクライタイズとも見て取れましょう。ただしリスクや混乱も付き物。制度の成熟や市場参加者のリテラシーなどが追い付くにはしばらく時間がかかる、それまで毀誉褒貶あるでしょうが、総じて私はアメリカらしいワイルドな資本市場の発展進化、イノベーションの一環として見ています。
今週は、2020年から米国でブームとなり、これから日本でも解禁に向けた議論が始まる「SPAC」を取り上げていきます。

セレブSPACの登場や、ビル・アックマンをはじめとした投資ファンドのSPAC参入。東南アジアのデカコーンであるグラブや、トヨタも出資している空飛ぶタクシーのジョビー・アビエーション、合成生物学のギンコ・バイオワークスなど、ユニークな企業がSPACを通しての上場を発表しています。

では、なぜ、SPACはブームになったのか。SPAC設立者(スポンサー)やSPACを通して上場した企業、米国有識者の声を聞きながら紐解いていければと思います。

初回は、「SPACの仕組みや背景」について、1980年代からはじまったSPACの歴史、伝統的なIPOとの対比などを交えて、解説していきます。ぜひ記事をご一読ください。
ここまで詳細にSPACのステップを解説している記事はないのではないかと思う。少なくとも結構見てきたと思うが、自分が知る限りでは一番。おまけに分かりやすく説明されていて、必見。
金融商品に限らず、新しい商品は、最初は知られていないので異様に魅力的にせざるをえなかったり、あとから振り返ると異様に魅力的な場合がある。一方、過度に行き過ぎるとそこに付け込んで課題が多く出てきて、記事にも出ているNikolaなどのケースはそれの象徴だと思う。
ただ、例えば証券化という仕組み自体が悪ではないのと同じようにSPACも規制や、あとは歴史を経て、やりすぎて損失が出て過度な期待がなくなることで、メリット・デメリット考慮したうえで一つの選択肢として残るというのが現実論ではないだろうか。
取材協力させて頂きました….が、完成品を見てビックリ。めちゃ詳しく分かりやすく網羅的にSPACを解説してあり、読んでて僕の方が勉強になります汗。

SPACがブームなのは「簡単に上場出来る」ことを超えて、ダイレクトリスティング含めた「資本市場のディスラプション」「投資の民主化」のコンテクストで、議論として広がりを持つからだと思います。引き続き要注目ですね^_^
取材協力しました、というのが恥ずかしいぐらい、読んでいて自分も知らないことばかりで(汗) 私は心情的には買収されるベンチャー企業側から見ることが多く、投資家のマネーゲームの一種、という程度にしか理解していませんでしたが、現在の上場の仕組みの問題点というのがわかりやすく解説してあって、勉強になりました。
SPACもダイレクトリスティングもそれぞれに特徴がありその特徴にあった形で使い分けが進み必要な制度、仕組みの整備が進んでいくのだと思います。

このようにしっかりと内容を説明し正しい知識が広まることはとても良いことだと思います。
一時のラッシュからは一度落ち着いたものの、引き続き大きな変革となるSPAC。空箱くんのアイコンがかわいい
SPACを支持するいくつかの記事などを読んでも全く共感できず、個人的にはいわゆる裏口上場としか思えてなかったですが、本記事で良くわかったのは、既存の証券会社を通じた上場の仕組みに対する不信感、反発が特にプロ筋に近いほど根強くあって、それを回避する方法論として支持されている、ということが理解できました
公開価格低すぎ問題とその背景にある自社の顧客に新規上場株を割安で割り当てたいという証券会社の利益相反問題は構造的な問題だし、日本では更に酷いという指摘もあります
ただ、個人的にはそういう批判を理解した上でも、既存の市場の中に通常の審査を経たIPO銘柄と、審査が緩いSPACを混在させるのは無理があると感じます
別の市場を作って、投資家も審査がゆるいことをきちんと理解できるプロを中心に取引するなら「あり」とは思いました