新着Pick
191Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コマース領域はInstagram VS TikTokといったところでしょうか。我々もしっかりこの領域ウォッチしていたいと思います。
インスタのクリエイターへのマネタイズ手段は、この一年でかなり強化されているし、されていくと思う。

今まではコンテンツを作りやすくしていましたが、収益化へ。
クリエイターの個人の販売、ブランド作りもより一層アツくなりますね。
Instagramが着実にEコマース領域に食い込んできていますね。TikTokも含めてSNSプラットフォームのEC参入は、2021-2022年に注目すべき動向です。
ユーザーのインスタ離れを防ぐ狙いということでしょう。あまりに商売色が強くなるとユーザーが離れてしまうでしょうし、一方でマネタイズできないとインフルエンサーがは慣れてしまうでしょうし。この辺りの繊細な舵取りは難しそうです。
これから確実に一億総クリエイター時代になっていく中、企業はどのように個に向き合っていくべきなのか。個によるクライアントワークは確実に減少していくことを感じ取った方が良い。
以前から発表があったEC機能がリリースされたとのこと。加えて、youtubeのような広告収入の分配機能が追加されるとのことで、クリエイターにとって収益化の選択肢が増えますね。個人がマネタイズできる仕組みが増え、新しい働き方の裾野が広がるという意味で意義があると思います。
これまでも代理店がはいってD2Cが活発になっていましたが、インスタグラムのプラットフォーム上で直接販売ができるとなると、また世界が変わりそうな予感がします。
これまで”収益化”といえば、ブログとYouTube、いずれもGoogleの独占状態だったわけですが、Apple Podcastのサブスク導入など、今年はさまざまなサービスが「収入源」として候補に上がってきますね。
人気クリエーターの囲い込みはもちろん、素人ユーザーを取り込むのも狙いでしょうか。
クリエイターズエコノミーが加速する。一部あるステルスマーケの様なものから、オープンに自分が関わったものを自分が発信して、ファンから購入される循環が生まれる。
D2CとインフルエンサーマーケをセットでInstagram内で行えることは、個人間の熱狂をうみそう。
とはいえ個人で物販を出来るクリエイターは限られると思うので、広告の収益分配がいつ、どれくらいされるのかで今後のプラットフォームとしての行方は左右されそう。特に短尺動画領域はTikTokとのコンテンツ奪い合いが激化してるので、どっちに流れるのか注目ですね。
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
112 兆円

業績