新着Pick
168Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
タイミング、規模の違いはあれど、「進んでいる」と評価されてきた米国と同様の経緯を辿っていると思います。

だとすれば、次に迎える障壁は、一般接種開始後の「無関心層」への接種の停滞です。未来がある程度予想できているわけですから、今のうちから手を考えておきたいところです。

ここは医療界というよりも、医療の外側の業界からの協力が必要なところです。様々な角度からWin-winの関係が作れるはずです。
人気 Picker
おー、すごい。これで達成できないとオリパラと政府の危機ですしね、素晴らしいと思います。緊急事態宣言が6/20までなので、職場や大学などでの職域接種は、敢えての6/21からですが、これが始まると1日200万回ペースも見えてくるのではないでしょうか。日本の大企業のロジというのは、地方自治体より優れているはずなので。
そして、オリパラ開催できて、秋には解散総選挙に持ち込めば、地滑り的勝利で再選、というシナリオも見えてくるかもしれませんね。
瞬間風速ではなく、このペースを維持することがより重要
ワクチン接種が進んで経済が正常化に向かうと、徐々にコロナ関連の仕事が減っていく可能性がありますから、中には複雑な気持ちになる感染症の専門家の先生も出てくるかもしれませんね。
イイね!ワクチン接種、発表ベースで「1日100万回」達成。官邸HPをみるとまだMAXでも60万人だけど。ペースが上がってきてるのは間違いない。当日キャンセルが増えてるので、キャンセル待ちは年齢制限を取り外して行くべきだと思う
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/vaccine.html
思ったよりも早い達成。素晴らしい対応です。

5/22の記事でも計算しましたが、日本が集団免疫を獲得(日本全人口の70%=8790万人)するには何日かかるのか?簡単に見積ってみました。

6/8現在、日本のワクチン接種回数は累計で1834万回。1日最大109万回です。

新型コロナワクチンについて 首相官邸
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/vaccine.html

このまま厳しく見積もり、平日の月-金曜日の営業日ベースで1日平均100万回接種回数とする(土日は半分程度に減るがプラスアルファと考える)。

そうすると、日本全人口70%:8790万人 - 接種済み:1834万人=残り6956万人

残り6956万人÷接種100万回@営業日=70営業日
営業日ベースで計算し月20営業日とすると、3ヶ月半で集団免疫達成。

つまり、2021年9月末には達成します。ただ、1回接種である程度の免疫力があると想定して、ですが。2回接種でも、7ヶ月なので、2022年1月末には達成です。

医療従事者の方には、本当に感謝しかありません。ありがとうございます。
1日100万回を超えた分は高齢者以外も受けれるようにしてほしいですね。
問題は1日に150万回、200万回とワクチン接種が出来るようになっても十分なワクチンがあるのでしょうか?
接種会場の問題より、ワクチン確保が心配になってきました。
そうなると、うれしい悩みですね。
ペースアップが進んだ一方、進捗の遅い自治体があるのも事実で、住民は不満をつのらせています。首長は実態を分かっているのだろうか? 部下から上がってくる如才ない情報を信じず住民の感情を直接知ること、接種会場の実態をハンズオンで飛び込み視察することを強く願いたい。怒ってますよ~、呆れかえってますよ~、住民は!!!
来週には七日間平均で100万回を突破する、との推測も出てきた

https://twitter.com/tosiakic/status/1402518646530863104?s=19
素晴らしい!このペースを維持できれば1ヶ月後には感染者数がグッと減り始め、2ヶ月後には欧米のように経済再開しているはずです。

タイでも月曜日に大規模接種が始まり初日は40万人でした。人口は日本の半分ですのでほぼ同じペースということになります。夜明けはもう目の前です。